岸田政権のオミクロン株「水際対策」は穴だらけ 空港検疫その場しのぎで市中流入が秒読み

公開日: 更新日:

「慎重すぎるのではないかとの批判は私が全て負う覚悟だ」ーー。新型コロナウイルスの水際対策について、6日召集された臨時国会の所信表明で岸田首相は得意げだった。読売新聞の世論調査では岸田政権の水際対策を「評価する」との回答が89%に上っている。ところが、よく見ると、水際対策は穴だらけ。このままでは早晩、オミクロン株が市中に流入しかねない。

【写真】この記事の関連写真を見る(27枚)

  ◇  ◇  ◇

 6日、羽田空港でイタリアに滞在歴のある男性のオミクロン株の陽性が判明した。滞在歴ナミビア、ペルーに続き、国内3例目だ。この3例からもいろいろな国にオミクロン株が拡散していることが分かる。どこの国からの渡航者もオミクロンウイルスを保有している可能性があるのだ。

 しかし、検疫所の施設待機は指定国別に3日、6日、10日と差がある。3日や6日ではウイルスが潜伏したままの自宅待機になりかねない。指定国以外は14日間の自宅待機で許されている。

 しかも、デルタ株などオミクロン株以外の一部指定国は4日からワクチン接種を条件に施設待機は免除されることになった。「施設不足」を理由とするが「慎重すぎる」どころか、その場しのぎの対応である。

 水際対策の入り口である空港検疫の検査について、抗原定量検査を続けていることも大問題だ。PCR検査なら数個から数十個のウイルス量で陽性を検知するが、抗原は500個以上必要だ。感染初期や無症状者はウイルス量が少なく、抗原は不向きとされるが、厚労省は「無症状者はPCRと同等」と言い張り、昨年7月末にPCRから抗原へ切り替えている。

安倍・菅時代が酷すぎて岸田首相がよく見える

 オミクロン株1例目のナミビア人外交官と同じ先月28日に入国した10歳未満の男児のコロナ陽性が確認された。空港検疫の抗原検査では陰性だったが、2日に1回行うPCR検査で陽性が判明し、4日に厚労省が公表した。抗原検査をすり抜け、PCRで判明した事例に見える。オミクロン株かどうかは現在、解析中だ。

「潜伏期間の関係でウイルス量が少なく空港検疫では陰性になった。空港検疫でPCR検査を行っていても同じ結果だったと考えられます」(厚労省検疫所業務課)

 確かに、機内で感染した場合、直後の空港検疫ではウイルス量が少なすぎるため、PCRでも陽性が感知できないこともある。

 西武学園医学技術専門学校東京校校長の中原英臣氏(感染症学)が言う。

「PCR検査は抗原検査よりも圧倒的に精度が優れており、取りこぼしは少ない。空港検疫の検査は水際対策の肝です。岸田首相は『最悪の事態を想定』や『慎重すぎる対応』を掲げるなら、厚労省の主張をうのみにせず、より確実なPCRに戻すべきです」

 安倍元首相、菅前首相のコロナ対応があまりにもひどかったので、岸田首相がよく見えるのも危険なことだ。野党は臨時国会で岸田首相の詰めの甘さを徹底追及すべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

  3. 3
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 4
    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

  5. 5
    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

もっと見る

  1. 6
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

  4. 9
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  5. 10
    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷

    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷