台頭する中国の新エネ車 世界的な半導体不足でも中期的では期待大

公開日: 更新日:

中国株(5)

 中国では新エネ車市場で熱い戦いが繰り広げられている。東洋証券のリポートによると、昨年の中国の新エネ車販売台数は136万7000台と6年連続で世界一となった。さらに今年1~10月には、累計で前年同期比182.1%増となり、大幅な伸びを記録している。ブランド別シェアを見ると、トップがSAICモーター(上海汽車集団)傘下の「宏光MINI EV」(14.3%)で、2位に米テスラ(10.2%)が続いている。

 ブルームバーグによると、テスラは上海に工場を保有しているが、最大12億ドル(約1370億円)を投じて設備を更新する計画だという。今年中に生産能力が限界に近づくといわれ、それに対応したものと思われる。

 中国の企業間での開発競争も激しさを増している。前述のリポートによるとジーリーオートモービル(吉利汽車)は、上海から高速鉄道で約2時間の場所に東京ドーム6個分のEV研究開発センターを保有している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

  3. 3
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 4
    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

  5. 5
    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

もっと見る

  1. 6
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

  4. 9
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  5. 10
    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷

    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷