三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2020年、文化功労者顕彰を受ける。

西洋人にとって日本人の価値観は謎 酔うことは悪魔に隙を与えること

公開日: 更新日:

 4~5世紀を生きた教父アウグスティヌスはグレゴリオ聖歌に感動する自分を許せず、自らを鞭打った。それほど陶酔には厳格だった。その影響は現代にまで及び、日本人とは「恥」に対する価値観も違う。

 私たちにとって肌の露出は当たり前で、母親が街角で子どもに授乳し、混浴の銭湯は江戸期から明治中期まで続いた。黒船で来航したペリー提督らも老若男女が集う銭湯に仰天し、「淫蕩な人民」とまで思ったそうだ。

 戦前、日本の統治を受けた中国や韓国の人たちは日本人が素足に草履や下駄を履くのを見て「はしたない」と思ったという。彼らには人前で足を見せるのは恥なのだ。西洋でも足は家族にしか見せないもので、隠された部分への興味がフェティシズムを生み、「シンデレラ」のガラスの靴のイメージにも影響を与えた。

 戦国時代の日本を訪れた宣教師ルイス・フロイスが日本人の風俗習慣について記した「ヨーロッパ文化と日本文化」(岩波文庫)には、「酒に酔うのは我々には恥で不名誉だが、彼らはそれを誇り、『殿、いかがなされた』と問われると『酔っ払った』」と答える」と書いてある。「酔う」ことに西洋人は眉をひそめる。酔って我を失い前後不覚に陥ると、悪魔につけ入る隙を与えるからだ。

 花に酔い酒に酔い、恋に酔う日本人は音楽に酔うのも粋であり、美徳だと考えてきた。そんな私たちの心は、西洋人には理解できない大きな謎に映るのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  2. 2
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  3. 3
    ロシア国内で「万引き急増」のナゼ…ウクライナ侵攻後に多発、買い物カゴごと盗む大胆さ

    ロシア国内で「万引き急増」のナゼ…ウクライナ侵攻後に多発、買い物カゴごと盗む大胆さ

  4. 4
    和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

    和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

  5. 5
    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

もっと見る

  1. 6
    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

  2. 7
    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

  3. 8
    フジ木曜劇場が攻めに転じた? 土屋太鳳「やんごとなき一族」“いかにも感”で開き直り

    フジ木曜劇場が攻めに転じた? 土屋太鳳「やんごとなき一族」“いかにも感”で開き直り

  4. 9
    広島・遠藤淳志“自業自得”プロ初完封逃す…9回表に打者で遊ゴロ→一塁まで全力疾走

    広島・遠藤淳志“自業自得”プロ初完封逃す…9回表に打者で遊ゴロ→一塁まで全力疾走

  5. 10
    ウクライナ出身女性 射撃の金メダリストが国家警備隊への入隊決意!

    ウクライナ出身女性 射撃の金メダリストが国家警備隊への入隊決意!