三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2020年、文化功労者顕彰を受ける。

西洋人にとって日本人の価値観は謎 酔うことは悪魔に隙を与えること

公開日: 更新日:

 人々が快楽をむさぼり堕落を極めたローマ帝国への否定から、イエス・キリストはキリスト教をおこした。彼らにとって神のもたらす調和と快楽=悪魔の誘惑は、光と闇の関係だ。音楽でも長調の安定した響きは神のもたらす調和とみなされたが、人の心を揺るがし陶酔させる短調の響きは悪魔の誘惑として排除された。

 アフリカ音楽に由来する同じリズムの反復も禁じた。人を興奮させ悪魔のつけ入る隙をつくるからだ。初期のキリスト教が楽器の使用を禁じたのも、楽器の生むリズムが陶酔を呼び、人を踊らせるためだった(ロシア正教では今もパイプオルガンでさえ禁止)。彼らは踊りを伴う音楽は異教徒のもので人を淫蕩(いんとう)にさせると思っていた。昔の盆踊りや現代のクラブのように、人々が踊って心を解放することを嫌ったのだ。

 私もドイツのバイロイト音楽祭でワーグナーの音楽に体を揺らしたら、周りの客から「シッ!」と注意された。現在のジャズやポップスにもアフリカ音楽のリズムがある。ラベルの「ボレロ」もそうだ。アフリカからキューバに渡った奴隷たちが編み出した「ハバネラ」のリズムがスペインに伝わり、定着して生まれた作品だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

    プーチン大統領哀れ四面楚歌…北欧2カ国NATO加盟に余裕の笑みも軍事同盟国が“仲間割れ”

  2. 2
    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

    日本ハム野村佑希が顔面死球で流血退場してもアッサリ 新庄監督の怖いくらいの“シビアな目”

  3. 3
    ロシア国内で「万引き急増」のナゼ…ウクライナ侵攻後に多発、買い物カゴごと盗む大胆さ

    ロシア国内で「万引き急増」のナゼ…ウクライナ侵攻後に多発、買い物カゴごと盗む大胆さ

  4. 4
    和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

    和田アキ子が出産した石原さとみから「電話ない」と発言…関係者が憂慮する“2人の溝”

  5. 5
    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

もっと見る

  1. 6
    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

  2. 7
    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

  3. 8
    フジ木曜劇場が攻めに転じた? 土屋太鳳「やんごとなき一族」“いかにも感”で開き直り

    フジ木曜劇場が攻めに転じた? 土屋太鳳「やんごとなき一族」“いかにも感”で開き直り

  4. 9
    広島・遠藤淳志“自業自得”プロ初完封逃す…9回表に打者で遊ゴロ→一塁まで全力疾走

    広島・遠藤淳志“自業自得”プロ初完封逃す…9回表に打者で遊ゴロ→一塁まで全力疾走

  5. 10
    ウクライナ出身女性 射撃の金メダリストが国家警備隊への入隊決意!

    ウクライナ出身女性 射撃の金メダリストが国家警備隊への入隊決意!