自民・甘利幹事長“失脚”で加速する新権力闘争 後任に茂木氏起用の思惑と派閥三つ巴の構図

公開日: 更新日:

 10.31総選挙で自民党の甘利幹事長がまさかの小選挙区敗北。比例で復活当選となったものの、幹事長の辞意を表明した。1日、岸田首相は後任に茂木外相を起用することを内定。4日の党総務会で正式決定するが、政権発足1カ月での幹事長交代は、党内のパワーバランスに変化をもたらす。岸田政権は、新たな権力闘争に足元を揺さぶられることになりそうだ。

【写真】この記事の関連写真を見る(35枚)

  ◇  ◇  ◇

「八方に気を使う岸田さんらしい無難な安全策」――。甘利氏の後任が茂木氏となることについて、自民党内からはこんな声が聞こえる。茂木氏は旧竹下派の会長代行。9月の総裁選で岸田首相を支持し、派閥の取りまとめも行った。安倍政権で何度も閣僚を務め、安倍元首相や麻生副総裁との関係が良好。岸田首相による安倍・麻生両氏への配慮が、茂木氏起用の最大の理由とされる。

 もっとも安倍元首相は、高市政調会長の幹事長起用を当初から望んできた。だが、さすがに高市氏の横滑りまでは岸田首相もノーだった。

「政調会長を務めたこともある茂木氏は『政策通』を自負している。茂木幹事長の起用には、安倍氏の意を汲んで動く高市政調会長に好き勝手させない、という裏の狙いもある。『大宏池会』構想がくすぶっているように麻生派と岸田派は同根。これに、宏池会と同じ保守本流の経世会の流れである旧竹下派の茂木氏が加わる。森元首相から安倍元首相まで続いてきた長年の清和会(細田派)支配を、宏池会・経世会に戻す動きが加速しそうです」(永田町関係者)

「大宏池会」ができれば、清和会から最大派閥の地位を奪うことにもなる。清和会の領袖の座を狙っている安倍元首相は黙っちゃいないだろう。

甘利氏と菅前首相の力関係が逆転

 そしてもうひとつ。甘利氏の辞任で“復権”するのが菅前首相だ。甘利氏と菅前首相はともに神奈川県選出。甘利氏が小選挙区で敗北したのに対し、菅前首相は次点に5万票超の差をつけて圧勝した。今後、神奈川県連における甘利氏と菅前首相の力関係は逆転する。

「神奈川では、菅氏に連なる河野太郎氏と小泉進次郎氏も圧勝でした。さらには、この1カ月、菅氏とともに“冷や飯”食いだった二階前幹事長も完勝した。今後、菅グループと二階派が連携して動き出すことになるだろう。両グループの合流があるかもしれない」(別の永田町関係者)

■「大宏池会」「安倍」「菅・二階」で三つ巴に

 甘利氏失脚をきっかけに、「岸田・麻生・茂木」「安倍」「菅・二階」という権力闘争の三つ巴の構図ができる可能性がある。

 茂木氏は「人望がないし、本人が総裁選に出たがっている」(自民党ベテラン)というから、岸田首相は寝首をかかれないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

  2. 2
    細田衆院議長の“100万円しか”発言に自民OBが苦言「頭がおかしいとしか…」

    細田衆院議長の“100万円しか”発言に自民OBが苦言「頭がおかしいとしか…」

  3. 3
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4
    中日・根尾をダメにする立浪監督の朝令暮改 私なら本格的に「投手」をやらせる

    中日・根尾をダメにする立浪監督の朝令暮改 私なら本格的に「投手」をやらせる

  5. 5
    巨人は今オフもお得意FA封印か…補強失敗続きで阪神・西、中日・高橋周らもスルー気配

    巨人は今オフもお得意FA封印か…補強失敗続きで阪神・西、中日・高橋周らもスルー気配

もっと見る

  1. 6
    ロシア軍兵士もウンザリの装備ポンコツぶり…指揮官の命令も「拒否」する異常事態

    ロシア軍兵士もウンザリの装備ポンコツぶり…指揮官の命令も「拒否」する異常事態

  2. 7
    石川遼もマッチョに変身…プロゴルフ界で大流行する「筋トレ」の弊害

    石川遼もマッチョに変身…プロゴルフ界で大流行する「筋トレ」の弊害

  3. 8
    内田有紀が低迷キムタクドラマを救う? 快進撃を支える圧倒的美貌と“事実婚”柏原崇の存在

    内田有紀が低迷キムタクドラマを救う? 快進撃を支える圧倒的美貌と“事実婚”柏原崇の存在

  4. 9
    日本ハム新庄監督が選手に初カミナリの深謀遠慮…元ヤクルト飯田哲也氏が意図を推察

    日本ハム新庄監督が選手に初カミナリの深謀遠慮…元ヤクルト飯田哲也氏が意図を推察

  5. 10
    ロシア国内のプロパガンダに異変…苦し紛れの“国家総動員”で露呈したロ軍のキュウキュウぶり

    ロシア国内のプロパガンダに異変…苦し紛れの“国家総動員”で露呈したロ軍のキュウキュウぶり