自民・甘利明氏「令和最短の幹事長」に…党ナンバー2が小選挙区で初めて落選の衝撃!

公開日: 更新日:

 <もう言い訳はいらないんだよ><お前は自分がやったことを全く反省していないんだな><負けて当たり前。すっきりした><言いたいことは東京地検でお願いします>

【写真】この記事の関連写真を見る(35枚)

 ネット上では「歓迎」する投稿が目立っていた。10月31日投開票された衆院選で、神奈川13区(大和・海老名と座間の一部)から出馬した自民党の甘利明幹事長(72)が、立憲民主党新人の太栄志氏(44)に敗れた。

 重複立候補した比例区で復活当選したものの、自民党ナンバー2の現職幹事長が小選挙区で敗れるのは初めて。これを受け、甘利氏は岸田文雄首相(64)に幹事長辞任の意向を伝えたという。幹事長交代となれば、これまた「令和の最短幹事長」となるに違いない。

 テレビの選挙特番で「甘利劣勢」が報じられる中、幹事長として各局の番組にハシゴ出演した甘利氏。その顔色は青ざめ、明らかに精彩を欠いていた。東京メトロポリタンテレビジョンでは、自身の金銭授受問題に関する質問に対し、「この種の話はエンドレスになりますから」とブチ切れ。TBSの選挙特番では、爆笑問題の太田光氏(56)から「戦犯ですよね」と問われると、最初は「そうかもしれませんね」と苦笑いしつつも、さらに金銭問題について突っ込まれると、「私自身は全く関与してないですね」と表情を変え、苛立ちながら「そういうことを聞く番組ですか」と食って掛かる場面もあった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ