安倍元首相シャカリキ全国行脚 "チルドレン"が18選挙区で落選危機

公開日: 更新日:

 中盤戦に入った衆院選(31日投開票)で、安倍元首相がシャカリキだ。

 29日まで地元を離れて全国行脚。当落線上にいる“身内”候補の応援に入って支持を訴えるが、効果はあるのか。

【写真】この記事の関連写真を見る(27枚)

 60以上の選挙区で与野党がデッドヒートを繰り広げる中、安倍氏が実質支配する最大派閥・細田派(衆院58人、参院36人)は2ケタに上る前職が対立候補に引き離され、落選危機に瀕している。

 3分の1は、安倍チルドレンの“魔の3回生”だ(別表)。

どこまでいっても個利個略

 安倍氏は体調悪化で2度も政権をブン投げたくせに、とにかく精力的だ。全国を飛び回り、1日数カ所で遊説。山口を発った21日は義家弘介元文科副大臣(神奈川16区)の陣営などをテコ入れ。23日も3回生の池田佳隆文科副大臣(愛知3区)らの選挙区に入るが、いずれも劣勢が伝えられている。ちなみにこの間、元政策秘書の初村滝一郎氏(長崎1区)の総決起集会にも足を運んでいる。

「安倍元総理がなりふり構わず動き回っているのは、衆院選後を見据えてのことです。年内に派閥に正式に戻り、満を持して会長に就任。そして、細田派から安倍派へ衣替え。最大派閥の領袖として華々しく安倍時代をスタートさせるためには、所属議員を1人も取りこぼしたくないのでしょう」(自民党関係者)

 子飼いが駆逐されれば、キングメーカーのフリさえできなくなる。どこまでいっても個利個略だ。

*番外編を【動画】でご覧いただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

  2. 2
    浜崎あゆみ熱唱も“別人疑惑”が…倖田來未と明暗分かれた43歳歌姫「FNS歌謡祭」での評判

    浜崎あゆみ熱唱も“別人疑惑”が…倖田來未と明暗分かれた43歳歌姫「FNS歌謡祭」での評判

  3. 3
    大谷翔平の通訳・水原一平氏の貢献度はいくら 日本語の年俸はスペイン語の約2倍!

    大谷翔平の通訳・水原一平氏の貢献度はいくら 日本語の年俸はスペイン語の約2倍!

  4. 4
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  5. 5
    マイナポイント“がっぽり”大作戦!家族4人で10万円相当をゲットする方法

    マイナポイント“がっぽり”大作戦!家族4人で10万円相当をゲットする方法

もっと見る

  1. 6
    ベッキーがテレビ界で嫌われる理由 スキャンダル発覚時の不義理がブーメランに…

    ベッキーがテレビ界で嫌われる理由 スキャンダル発覚時の不義理がブーメランに…

  2. 7
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  3. 8
    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  4. 9
    授業料無償化で人気高校は狭き門に…「低所得家庭こそ中学受験」という選択

    授業料無償化で人気高校は狭き門に…「低所得家庭こそ中学受験」という選択

  5. 10
    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去