眞子さまは複雑性PTSD、深田恭子は適応障害…あなたが診断されたら「知っておきたい9つのこと」

公開日: 更新日:

 先日、女優の深田恭子(38)が「適応障害」の診断から4カ月ぶりに復帰した。だが、視聴者から「声がかすれてる」「ろれつが回っていない」「目の焦点が合わない」と心配の声が上がった。さらに小室圭さんとの結婚で批判が集まった眞子さま(29)は「複雑性PTSD」と発表された。会社の同僚や部下、家庭でも妻や夫が診断されたら周囲はどう対応したらいいのか。

 ◇  ◇  ◇

 深キョンの場合、今年5月下旬に活動休止し、9月末には早くも主演映画の舞台挨拶、10月にはその宣伝でテレビ番組にVTR出演している。

 精神科専門医のライトメンタルクリニック・清水聖童院長に聞いた。

「『適応障害』は、ストレスを要因とする情緒や身体の症状が出る状態。抑うつ症状やイライラ、出社できなかったり、引きこもり状態になるなど社会生活に影響が出ます。心臓、血管、胃腸といった、自律神経を介して機能を調整している部分の身体症状が出ることもあります。動悸や立ちくらみ、吐き気や下痢などです」

 一方、眞子さまの「複雑性PTSD」は、来年1月から診断名として正式に発効される。

「『PTSD』とは命の危機や自我喪失が起こり得る体験をしたことで起きる状態。『単純性』も『複雑性』も虐待やレイプ、震災、戦争などのトラウマ体験が原因となります。『複雑性』はより長期的、反復的なトラウマ体験を経験することにより、対人関係の不信感が生じ、自他を信じられず人格的変調をきたしたものを意味します。PTSDは精神障害の1.3%を占めますが、そううつ病などとほぼ同じ割合のため、思っているよりも身近にいる可能性はあります」

周囲が接し方を変える必要はない

「PTSD」は「うつ病」を併発するケースも多いという。

■職場の社員なら何カ月休ませるのが適当なのか?

「『適応障害』のみであれば、早ければ1カ月、多くの患者さんは3カ月以内の休養で復帰されています。基本的に6カ月を超える場合、うつ病などを合併している可能性があります。『PTSD』の診断であれば、薬やサイコセラピーなどのカウンセリングを必要とし、短期間の休養では元通りとはなりません」

■本人が復帰すると言っても大丈夫か?

「会社員であったり、仕事を抱えている方は、治療中でも患者さんから『復帰したい』と申し出てくるケースが大半です。なるべく、働きたいという意思を尊重しています。医師として周囲の人に確認してほしいのは、適応障害の場合なら、①睡眠が取れているか②食事が3食取れているか③日中に電話を受けたり、コピーしたり簡単な作業をこなせる状態か④仕事への意欲があるか⑤ストレスフリーな環境が整えられているかです(職場なら異動や本人の仕事内容の調整など)。一方、『PTSD』は①~⑤に加えて、フラッシュバック症状を回避できているか、感情の起伏が正常かといった面を専門家が評価した方がいいでしょう」

■復帰したら、どうやって接したらいいのか?

「ストレスに対しての脆弱性は個人で全く異なります。同じ環境でも、影響のない人とストレスがかかる人がいますから、個人的には周囲が接し方を変える必要はないと思います」

■妻が診断されたら家事はさせてもいいのか?

「とくに適応障害であれば、ストレスの原因が家事でない限り、“ちょうどいい負荷”をかけるのが回復につながるとされています。楽しめる活動を無理なく増やすことで、より活動的になる可能性が期待されます。好きなことであればそれなりに楽しめることもありますので、疲れない範囲で映画や旅行などもいいでしょう。ただし、うつ病やPTSDであれば、趣味をやっても疲弊するだけのケースもある。その場合は無理をさせず自宅でゆっくり休ませましょう」

「深キョンの復帰」は早い? 適切?

 深キョンは、こうした総合判断で医師が仕事復帰を後押ししたのだろうか。

■自分が留守の時の世話はどうすればいいのか?

「精神障害と診断された方は、慣れない人と2人きりになるとストレスを感じる可能性があります。自宅療養するなら、身の回りの世話は身内にさせてください。目が離せない場合は、入院を視野に入れてください」

 では、法的な対応はどうすればいいのか。山口宏弁護士に聞いた。

「社員の健康状態に関しては就業規則などガイドラインを作っていると思います。一般的には休職期間は『1~2年程度』が多く、本人が休職を要望すれば定められた期間は休ませる義務があります。ただ、精神障害の場合、診断基準が医師によって解釈が異なることがあります。診断書を巡ってもめるケースがあるので、会社の産業医にも受診してもらいましょう。そのうえで、休職の手続きをします」

■精神疾患を理由に異動させるのはパワハラか?

「営業職で休職し、本人が同じ部署への復帰を求めてきたとしても、事務職に異動させたところで違法ではありません。ただし、あからさまな閑職に追いやって民事になるケースは少なくありません」

■診断書は絶対なのか?

「傷病手当金をもらっている休職者が本業と類似の副業をしていたり、重度のうつ病と診断されているのに遊んでいるのをSNSでアップするなど“ずる休み”かと疑念がある場合、会社側は裁判を起こして、会社は別の医師の見解を求めることができます」

■「義理の実家に行くと具合が悪くなる」という妻を帰省させたら?

「診断書があれば、もし離婚になった時に強要した事実があれば、『精神的苦痛』として不利になります。一方、結婚は家と家の関係でもありますので、妻の病気を理由に、『孫を連れていけなくて、実家や親戚から総スカンになった』という事情で、離婚を切り出すことも可能です」

■精神疾患を理由に離婚できないケースは?

「民法770条は『強度の精神病』を理由に離婚できると規定しています。ただし、配偶者の精神疾患のきっかけが自分にあれば別。暴力や暴言、不倫が理由で精神疾患になったと認められれば、離婚を切り出せません」

 精神疾患は、誰もがいつ発症するかわからない。身近な問題として知っておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  2. 2
    日本スポーツ界はやっぱり“政府の犬” JOC山下会長「北京五輪ボイコット」めぐる発言で再露呈

    日本スポーツ界はやっぱり“政府の犬” JOC山下会長「北京五輪ボイコット」めぐる発言で再露呈

  3. 3
    TBS「報道特集」放送後に勃発! ネオニコ系農薬めぐり業界団体と研究者が“場外乱闘”

    TBS「報道特集」放送後に勃発! ネオニコ系農薬めぐり業界団体と研究者が“場外乱闘”

  4. 4
    大谷翔平の私生活は謎だらけ…オフは婚活の貴重な時間、玉の輿狙いの女子アナたちは?

    大谷翔平の私生活は謎だらけ…オフは婚活の貴重な時間、玉の輿狙いの女子アナたちは?

  5. 5
    「おぼん・こぼん」の経済効果は絶大!水ダウが生んだ“犬猿の仲”芸人は2022年もガッポリ?

    「おぼん・こぼん」の経済効果は絶大!水ダウが生んだ“犬猿の仲”芸人は2022年もガッポリ?

もっと見る

  1. 6
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 7
    MLB労使交渉決裂は巨人に朗報? ロックアウト不可避で優良助っ人ゴロゴロ、日本球界は買い手市場に

    MLB労使交渉決裂は巨人に朗報? ロックアウト不可避で優良助っ人ゴロゴロ、日本球界は買い手市場に

  3. 8
    ふるさと納税“返礼品パリピ”に再考促す自治体 東京23区などの税金流出は深刻

    ふるさと納税“返礼品パリピ”に再考促す自治体 東京23区などの税金流出は深刻

  4. 9
    NMB48渋谷凪咲が“新バラエティー女王”に大躍進!毒舌でも天然ボケでもないユニークな魅力とは

    NMB48渋谷凪咲が“新バラエティー女王”に大躍進!毒舌でも天然ボケでもないユニークな魅力とは

  5. 10
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…