麻生太郎氏が財務大臣「最後の会見」で表情晴れ晴れ上機嫌だったワケ

公開日: 更新日:

 岸田政権の発足に伴い、約8年9カ月間にわたって務めた大臣の座を離れることになった麻生太郎財務相(81)は4日、財務省で最後の記者会見に臨むと、いつものべらんめぇ口調でこう言い放った。

「あんた朝の9時から5時まで、ずっと質問もないのに2カ月間座っている自信があるか?」

【写真】この記事の関連写真を見る(14枚)

「新聞記者なんかできねぇだろう。やってごらん自分で」

 モリカケ問題や学術会議の任命問題、総務省の接待疑惑など、安倍、菅両首相らが予算委などで厳しい追及を受ける中、閣僚席で目を閉じながら黙って過ごした日々……。おそらく、そんな光景を振り返った発言なのだろうが、その表情は晴れ晴れとしていたという。

「麻生さんは会見では決まって、質問した記者に対して嫌味たっぷりで畳みかけるように逆質問してくるのですが、この日は物腰も穏やかだった。岸田政権では自民党副総裁ですが、実権を持たない名ばかりポストなのは分かっているはず。それなのに不機嫌な様子もみられなかったので、記者たちは皆、『あれ、何か違うな』と。財務官僚の間では、『緊急事態宣言が解除され、繁華街で酒の提供も始まった。久しぶりに銀座に飲みに行けることがうれしいのだろう』とささやかれていました」(与党担当記者)

「酒が飲める、酒が飲める、酒が飲めるぞー」。麻生氏は最後のあいさつで、本当はこう言いたかったのかも。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”