森健
著者のコラム一覧
森健防災・BCP(事業継続計画)アドバイザー

1966年生まれ。防災・BCP講座「BB.univ」学長。静岡県庁防災局(現・危機管理部)などで12年間、防災の実務を経験後、住友電装で新型インフルのパンデミック対策を指揮。官民双方の現場を知る防災のプロ。

<6>とどまるか、逃げるか…5月改定の新体系をひもとき知る「避難」の意味

公開日: 更新日:

 日本列島には秋雨前線がかかり始め、先週までの夏空から一転、全国的に雨の日が目立つ。9月は台風も多く、過去30年(1991~2020年)の平均で、月別の上陸数は8月を上回るトップだ。特に風水害に警戒したいシーズンといえるだろう。

 ◇  ◇  ◇

 内閣府の「日本の災害対策」によると、日降水量が200ミリ以上を記録した大雨の年間発生日数の増加ぶりが分かる。最近30年間は、統計開始直後の30年間(1901~30年)と比べて約1.7倍だ。

 山の多い日本では、急勾配の河川も多く、蛇行する部分や流量が急増する平地などで氾濫しやすいのは、ここ数年相次ぐ豪雨被害でも明らかだろう。その発生頻度が高まっているほか、被害も激甚化しているのだ。

 風水害対策で役立つのがハザードマップで、各自治体が策定を進めている。たとえば、洪水で浸水する想定区域と浸水する深さが分かる「洪水ハザードマップ」は、対象自治体の策定率が98%。土石流などの土砂災害の危険度を表す「土砂災害ハザードマップ」は同90%に上る(ともに20年度現在)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

    眞子さんはNYで庶民生活を満喫! 迷子になってもへっちゃら…

  2. 2
    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

    NHK和久田麻由子アナが「おめでた」か? 産休後の後任と“玉突き人事”を勝手に占う

  3. 3
    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

    サンモニ降板の張本勲氏、AKB妊娠発言の徳光和夫…“困った高齢者”が抱える共通項

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

もっと見る

  1. 6
    森田剛が「5代目相棒」候補に急浮上! 稲垣吾郎、竹野内豊、向井理の名前も

    森田剛が「5代目相棒」候補に急浮上! 稲垣吾郎、竹野内豊、向井理の名前も

  2. 7
    中学受験「私立か公立か」開成と都立小石川中教の両方に合格したら…

    中学受験「私立か公立か」開成と都立小石川中教の両方に合格したら…

  3. 8
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  4. 9
    「高校監督時にプロ入りを勧めたのは新庄一人だけ」西日本短大付高の元監督が明かす

    「高校監督時にプロ入りを勧めたのは新庄一人だけ」西日本短大付高の元監督が明かす

  5. 10
    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程

    創業3年で月商1億円突破! ネット通販サイトを成功させた元イケメン俳優の挫折と道程