神楽坂淳
著者のコラム一覧
神楽坂淳作家

「うちの旦那が甘ちゃんで」(講談社)、「金四郎の妻ですが」(祥伝社)などの著書がある。

「菊の節句」の季節だが…菊といえば美少年、幕末の偉人たちもハマった

公開日: 更新日:

 まだまだ暑い日が続くが、江戸時代だとそろそろ「菊の節句」である。

 いまは東京をあげて菊の節句を祝うことはないが、江戸時代は非常に大きなイベントだった。菊の節句が賑わったのは「菊酒」のせいも大きい。とにかく酒を飲む理由があるイベントは大人気だった。

 幕府としては飲酒をともなうイベントは規制を繰り返したが、江戸っ子から酒を取り上げることはできなかった。これは現代も一緒で、いくら「禁酒法」といっても庶民は我慢に無理を感じてしまう。政治家は普通に店を開けさせて飲むし、オリンピックの会長ともなれば銀座で飲んでも「自己判断」ですんでしまう。庶民だけ我慢しろというのはやはりむちゃだ。

 江戸幕府は、ある程度は大目に見て、庶民に憂さを晴らさせていた。

 ところで菊というともちろん花だが、同時に美少年の象徴でもあった。エレキテルで有名な平賀源内は大変な美少年愛好家で本も上梓している。タイトルはズバリ「大江戸美少年細見 菊の園」である。1750年あたりには美少年の象徴は「菊」であった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

  2. 2
    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

  3. 3
    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

  4. 4
    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

  5. 5
    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

  3. 8
    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

  4. 9
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  5. 10
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避