菅首相「現職総理で史上初の落選」危機! 横浜市長選で地元有権者もソッポ

公開日: 更新日:

 自民党総裁選で「無投票再選」を目指し、無理ならば9月12日に緊急事態宣言を解除して衆院解散に打って出る――。そんな菅首相の「生き残り」への妄想が泡と消えた。横浜市長選の“惨敗”で地元有権者が突きつけたのは、来る総選挙では菅首相本人の当選すら危ういという現実である。

*この記事の関連【動画】もご覧いただけます。

 ◇  ◇  ◇

 菅首相は1996年の初当選以来、神奈川2区(横浜市西区・南区・港南区)で8戦連勝。しかし、2000年、03年、09年の衆院選では惜敗した旧民主党候補の比例復活を許し、決して安泰とはいえない選挙戦だった。

「特に自民党が下野した09年の『政権交代選挙』は厳しかった。民主党候補に猛追され、たった548票差の辛勝。地元事務所の車のナンバープレートの番号を『548』にし、自分への戒めに票差を刻み込んだエピソードは有名です。当時は選対副委員長で全国の選挙区への応援に回らなくてはならず苦戦を強いられた。首相として臨む次の衆院選も条件は重なります」(横浜市政関係者)

 前回17年の衆院選では次点に約7万6000票差で圧勝したが、神奈川2区の投票率は50.94%。全選挙区の投票率53.68%よりも低かった。当時は“史上最強の官房長官”ともてはやされた菅首相の絶頂期で、地元有権者も「結果は見えている」と投票所から遠のいていたのだろうが、今やムードは激変。それが浮き彫りとなったのが、今回の横浜市長選だ。

 菅首相は前国家公安委員長の小此木八郎候補の支援を公言。新型コロナ対応の合間を縫って後援者に「小此木をお願いします」と直電するなど「自分の選挙」以上に必死だったのに、不人気首相の肩入れは逆効果。投票終了と同時に野党系の山中竹春候補に「当確」が出る惨敗を喫したのだ。

「驚いたのは、投票前日に出回った情勢調査の結果です。横浜市内の衆院小選挙区ごとの情勢をまとめたものですが、総理の地元・神奈川2区でも小此木氏は山中氏に大差をつけられていた。地元有権者の世論も『菅政権ノー』なのかとア然としました。これでは総理自身の選挙も危ういのではないか」(自民党関係者)

野党は本気度を示せ

 あとは野党の出方次第だ。立憲民主党は神奈川2区に09年の衆院選で隣の3区から出馬し、小此木氏を破った元職の岡本英子氏を擁立。共産党も候補を立てており、まずは一本化できるかが焦点となる。

「仮に現職総理が落選すれば史上初です。野党が神奈川2区を注目選挙区にして落選運動を展開すれば、その勢いは全選挙区に必ず波及します。候補一本化は最低条件。野党は有権者に『この人なら勝てる』と思わせるような有力候補を立て、本気度を示すべきです」(高千穂大教授の五野井郁夫氏=国際政治学)

 例えば、れいわ新選組山本太郎代表は依然として選挙区は未定のまま。本人は「5つ程度に絞った」と語るが、その中に「神奈川2区」はあるのか。それこそ「れいわ」と「令和おじさん」の対決は注目を集めそうだが、はたして。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?