姫田小夏
著者のコラム一覧
姫田小夏ジャーナリスト

上海財経大学公共経済管理学院・行政管理学修士(MPA)。中国ウオッチは25年超、うち約15年を上海で過ごす。アジア・ビズ・フォーラム主宰。日刊ゲンダイでの連載などをもとに「ポストコロナと中国の世界観」(集広舎)。

<4>五輪前のビジネスモデルには戻らない 高まる「訪日機運」も当分対応できず

公開日: 更新日:

「2030年には6000万人」――。コロナ禍で大打撃のインバウンドだが、観光庁は「この目標に向かってしっかりやっていく」(観光戦略課)と言う。国民や専門家の反対も強かった“数値目標ありきのインバウンド政策”を見直す気はないようだ。

 インバウンドに参入した老舗ホテルの経営者に「人の移動が復活したらまた事業をやりたいか」と尋ねたところ、「新型コロナによって翻弄された。インバウンドから事業を方向転換せざるを得ない」という答えだった。

 昨夏、日本は「Go Toトラベル」に沸いた。翌春まで体力が持てば、1年延期された東京五輪で息を吹き返すと期待した。しかし、今春に変異株が流行し、3月には「海外からの(五輪の)無観客開催」が決定する。翌4月には4都府県(東京、大阪、兵庫、京都)が緊急事態宣言の対象になった。

「五輪で赤字を回収できると思ったが、二転三転で気力も尽きた」(前出のホテル経営者)

 日本がインバウンドで沸騰したコロナ以前、最も売れた商品は化粧品だった。多くの小売業態は外国人客向けに積極的な販売攻勢をかけた。だが、中国政府が団体旅行の海外渡航を禁止した昨年1月25日を境に、買い手の中国人客は姿を消した。その小売業もすでに「待ちの営業」から舵を切っている。中国では相変わらず日本製品が人気であることから、ライブコマースを駆使した「オンライン販売」に乗り出す事業者が急増した。ポストコロナのインバウンドは、少なくとも五輪前のビジネスモデルには戻らない公算が大きい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  2. 2
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  3. 3
    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  1. 6
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  2. 7
    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

  3. 8
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  4. 9
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 10
    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた

    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた