村西とおる
著者のコラム一覧
村西とおるAV監督

1948年、福島県生まれ。バーテン、英会話教材のセールスマン、テレビゲームリリース業を経て、裏本制作で「裏本の帝王」と呼ばれ、その後、AV監督として一世を風靡。これまで3000本のAVを制作し、「AV界の帝王」としても有名。

【Q】年明けに夫が65歳で急死…今も途方に暮れています

公開日: 更新日:

 年明けに夫が心臓発作で急死しました。まだ65歳でした。それまでは健康そのもので、普段通りに食事もしていたので信じられません。心の準備ができていないまま夫が亡くなって、今も途方に暮れています。子供は家を出ているので、これからずっと一人でやっていくしかありません。生きていると本当に何があるかわからないということを、これほど思ったことはありません。 (63歳・女性)

 ◇  ◇  ◇

■私の心の支えは「過ぎ去ってしまえばすべて想い出」

 突然ご主人さまに先立たれ片翼をもがれたごとき状態になっておられる不安定なお気持ち、お察し申し上げます。二世を誓った夫婦の絆を今しばらくは深めたかったとの断ち切れない未練、よく理解できます。朝、日が昇り、窓に明かりが差し、食卓のテーブルを照らせば、いつもの位置で亡きご主人が「おいしい、おいしい」と味噌汁に舌鼓を打っていた姿を思い出し、とめどなく涙をこぼされているのではないでしょうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  8. 8

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る