立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト。1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て、2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。毎日放送「よんチャンTV」、フジテレビ「めざまし8」出演中。

どこでも誰でも無料でPCR検査を受けられる米国が羨ましい

公開日: 更新日:

 ワクチン接種が加速し、明るい展望が見えてきたかのような新型コロナを巡る状況。しかし、このところ友人から感染の報告が相次ぐなど、身近なところで感染が出ている。いずれも無事に治癒しているが、そうした中、毎日放送の河田直也アナウンサーが感染した。出演している情報番組のメインMCだ。

 同じく出演者のナジャ・グランディーバさんの感染が既に確認されている。その際に保健所が調べたところ濃厚接触者は確認されなかったということで、河田さんの感染経路は不明だ。

 当然、私は? と考える。スタジオ内は人数を制限しており、出演者の間は距離をあけた上でアクリル板を置いている。濃厚接触を回避する措置だ。しかし、インド株は感染力が強いとされる。従来の概念で濃厚接触でなかったとして、それで自分が感染していないと言い切れるか?

 不思議なもので、そう考えると熱があるように思えてくる。喉の調子も悪く感じる。体温計で測ると36度余り。それも信じられなくなる。迷惑かとは思ったが、保健所に電話してみた。つながらなかったら諦めようと考えていたが、すぐにつながった。どう説明したものか? 仕事場で数人の感染が確認された……と説明。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  8. 8

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る