焦る菅政権…大規模接種で全国に“ワクチン詣で”拡大の矛盾

公開日: 更新日:

 菅政権の“迷走”が止まらない。自衛隊が東京・大阪で運営する新型コロナワクチンの大規模接種センターを巡り、今度は対象地域の全国拡大を打ち出した。これまで首都圏の1都3県、関西圏の2府1県に限定してきたが、この枠を取っ払う。接種対象である65歳以上の高齢者を東阪に集める狙いだ。

 加藤官房長官は10日の会見で、全国拡大について「多くの方にワクチンを打っていただくという観点のみならず、自治体の負担を軽減する観点からも重要」などと、もっともらしい理屈を並べていたが、拡大の理由は単に予約が全然埋まらないからだ。

 防衛省によると、東京の「予約空き枠」は10日午前10時時点で、接種期間が今月14~20日は70.8%、21~27日は91.1%。11万人以上の空きがある状態だ。

 菅首相がブチ上げた「11月接種完了」に間に合わせる魂胆も透けるが、東京も大阪も今は緊急事態宣言下。国民に「県境を越える移動を避ける」「人流抑制」を訴える一方、全国からの“ワクチン詣で”を呼び掛けるのだから矛盾している。昭和大医学部客員教授の二木芳人氏(臨床感染症学)がこう言う。

「せっかく感染状況が落ち着いてきているのだから、人流をさらに抑えないといけない。全国から高齢者を集めること自体、むちゃな話ですし、地元のかかりつけ医に打ってもらった方が安心です。接種に焦る気持ちが落ち着けば、予約が埋まらないことは予想できたはず。職域接種に人員を割くなど、方針転換すべきです」

インド株が全国拡大の恐れ

 加藤官房長官は全国からの往来について「感染対策をしっかりやっていくのは当然」と説明したが、人流が増えれば感染リスクが高まるのは必至。感染力が英国株の1.6倍といわれるインド株が、逆に全国に広がる恐れがある。

 成人の77%が1回はワクチン接種を終えた英国でさえ、インド株による感染が拡大している。1日の新規陽性者は一時2000人を下回ったものの、9日には7500人を突破。入院患者は1週間で10%増加した。ワクチン接種で後れを取る日本はなおさら、対岸の火事では済まない。

「今月中に東京か大阪で1回目を打っても、また4週間後に会場に行かなければなりません。2回目の接種は東京五輪の大会期間とかぶるでしょうから、人流増による混乱は避けられないでしょう」(二木芳人氏)

 政権の場当たり対応にはもう、ウンザリだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった