夏樹久視
著者のコラム一覧
夏樹久視作家

1947年東京生まれ。週刊誌アンカー、紀行作家、料理評論家などを経て推理作家に。別名で執筆の多くの作品が話題を呼びTVドラマ化。母親の認知症を機に、65歳でヘルパー2級の資格を取得、約5年間、デイサービスでの就業を経験する。紀行文、料理本、ミステリーなど著書多数。日本推理作家協会員。

少年が急に飛び出してきた! 時給950円で人生暗転の危機に

公開日: 更新日:

 デイサービスに勤めていて、注意しなければならないのは意地の悪い先輩、ベテランヘルパー、店長、本社の担当部長などさまざまだが、なんといっても恐ろしいのは交通事故だ。5、6年前の話だが、デイサービスの車の事故が、タクシーの事故を超えたとか。ドライバーが定年過ぎの高齢者の多いことが大きな理由だろうが、怖くなる数字だ。  

 僕は28歳で運転免許を取得してから45年になる。羽振りがよかった40代のころ、愛車のBMWで小さな事故は2件ほど起こしたが、人身事故はゼロ。ここ20年ほどは、ゴールド免許を維持している。

 クルマの運転では、コンマ1秒が、生死の境目となることがある。

 3年ほど前、お年寄りを5、6人乗せて、ワンボックスカーでドライブに出かけた帰りのことだった。狭い道を走っていると、路地の角から赤い服を着た少年が、飛び出そうとしているのが見えた。とっさにブレーキを踏もうとすると、少年もこちらの存在に気づいて、足を止めた。しかし次の瞬間、今度はブルーの服の少年が角から飛び出してきたのだ。今度は、ブレーキに力を込める。間に合ったか! 少年は、車の左前方に1回転して、丸くなっている。「もしも」のことがあれば、僕の人生もこれで終わり、短い余生は交通刑務所暮らし……。悪夢が、一瞬、頭をよぎった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  8. 8

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る