番外編<6>過去の掲載店から厳選「珠玉のテイクアウト」3店

公開日: 更新日:

 新型コロナ禍の緊急事態宣言中だって、ハレの日があっていい。ウマいものをテークアウトやデリバリーして、自宅で家族と楽しむ分には問題ないだろう。「バッカスがいる店」と「グルメ企業社長の食い倒れ日記」の掲載店から、そんな店を紹介しよう。

■天ぷら魚新

 今からさかのぼること131年前に、天ぷら屋の母体となる鮮魚店が赤坂でオープンした。そんな長い歴史を持つ実力店を推奨したのは、オイスターバー「PESCADERIA」や焼き肉店「まんぷく」など8ブランドを持つテイクファイブの社長、遠山和輝氏だ。

「鮮魚店としての歴史が長く、仕入れルートがしっかりしているので、車エビやホタテ、穴子などの魚介系は一口食べれば納得の鮮度のよさです。エビはピンと張っていて甘く、ホタテは生の中心部を包むようにサッと火が通っています」

 揚げ油は、ゴマ油とコーンサラダ油をブレンドしているのか、ゴマ油が強すぎることなく、軽い風味を生む。魚介はもちろん、野菜、そして丼にも最高だという。

■名物の天ばらは塩で

「山菜は苦味を引き出したり、カボチャは厚切りでもしっとりとさせたり。野菜も最高の揚げ具合です。何よりうれしいのは、天ばらでしょう。芝エビや小柱、イカのかき揚げを丼にして塩でいただくスタイル。かき揚げに塩をふって、崩しながら口に運ぶと、サッパリとしてとてもウマい」

 ウーバーなどで注文できる。天ぷら盛り合わせは、車エビ2本、魚介3品、野菜3品、かき揚げ1個、ご飯、漬物がセットで7600円。名物の天ばら丼は2592円で穴子丼や天丼などもある。

(住)東京都港区西麻布1―12―10 岩田ビル2階 ℡03・3796・4041

シンガポールの味 チキンライスを堪能

■海南鶏飯食堂麻布本店

 遠山社長が推奨するもう一店が、シンガポール料理の名店。どの料理も仕事がとにかく丁寧で、現地と遜色ないおいしさ。東京では、ダントツだという。

「シンガポール料理といえば、何といってもチキンライス(Mセット950円~)。ジャスミンライスの炊き方、鶏の出汁の取り方、鶏の煮方……。どれをとっても完璧です。あのしっとりとしてみずみずしい鶏を一口食べると、その食感のよさに驚きますよ。タイ料理のカオマンガイも同じですが、鶏がパサパサだとおいしくない。鶏の煮方が抜群にいいから、雑味がまったくなくて、クオリティーがとても高いのです」

 日本風にアレンジし過ぎることなく、シンガポールらしさをしっかり残しているのが高評価のポイントだそうだ。もちろん、一品料理もグー。

「たとえば、エビのブラックペッパーソース炒め(1825円)は、エビに透明感があります。ほどよい火入れで生のプリプリ感を残しているんです。優しい甘味のソースに、しっかり利かせたコショウの辛さが見事にマッチします」

 店は現在、ランチ営業のみ。その間にテークアウトやウーバーに対応している。

(住)東京都港区六本木6―11―16 中銀マンシオン裏手 ℡03・5474・3200 

九州直送 S級居酒屋で豪華に

■博多 田中田西麻布店

 モーモーパラダイスやロウリーズ・ザ・プライムリブなど多数のブランドを手掛ける「ワンダーテーブル」の秋元巳智雄社長は、東京・西麻布にある九州料理の人気居酒屋をチョイスした。

「九州は魚がおいしいので、マグロやウニなど一部を除き、ほとんどが九州から直送です。玄界灘のタイ、対馬の赤ムツ、長崎のアラ……。調理法は刺し身はもちろん、煮つけ、焼き魚など好みを選んで注文できます」

 居酒屋でおいしい鮮魚を揃えるのは、ある意味当たり前。魚介類の品揃えのよさのほか、とにかくメニューが多いからうれしくなる。

「鶏のモモ焼きやチキン南蛮、佐賀牛の網焼き、ハムカツ、おでん、水炊きと何でもあります。シメなら、ウニやトロを豪快にのせたぜいたく丼や鯛茶漬けと並んで、カレーも。高級な食材を豪快に使って、何でもいただけるのが魅力。最高級Sランクの居酒屋といっていいでしょう」

 テークアウトのメニューはインスタグラムなどで見られる。注文は14時から。ちなみに、ゴマサバ、サラダ、焼き魚、毛ガニ、佐賀牛ヒレ焼き、ご飯、汁物の「田中田特上セット」は2人分で1万2900円。

(住)東京都港区西麻布3―2―34 西麻布ヒルズB1 ℡03・6447・0490

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波

    “お局バラドル”山瀬まみにリストラの嵐…「新婚さんいらっしゃい!」桂文枝卒業の余波

  2. 2
    宮地真緒が36歳ラストヌード写真集で魅せた正統派セクシー

    宮地真緒が36歳ラストヌード写真集で魅せた正統派セクシー

  3. 3
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  4. 4
    ジョコビッチ反撃のノロシ!「精神的苦痛受けた」5億円の損害賠償求め豪政府を提訴へ

    ジョコビッチ反撃のノロシ!「精神的苦痛受けた」5億円の損害賠償求め豪政府を提訴へ

  5. 5
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

もっと見る

  1. 6
    関ジャニ∞大倉忠義と広瀬アリスの熱愛報道にジャニーズ事務所が「ノーコメント」なワケ

    関ジャニ∞大倉忠義と広瀬アリスの熱愛報道にジャニーズ事務所が「ノーコメント」なワケ

  2. 7
    岸田首相は感染猛拡大後もグルメ三昧! 高級店で連夜の会食、口先だけの「コロナ最優先」

    岸田首相は感染猛拡大後もグルメ三昧! 高級店で連夜の会食、口先だけの「コロナ最優先」

  3. 8
    年末に相次いだ首都圏の揺れ…2022年に巨大地震の危ない場所はどこか? 専門家が見解

    年末に相次いだ首都圏の揺れ…2022年に巨大地震の危ない場所はどこか? 専門家が見解

  4. 9
    安倍元首相が露骨な反撃!岸田首相の目玉政策に文句ブーブー「理解してる人はほとんどいないでしょ」

    安倍元首相が露骨な反撃!岸田首相の目玉政策に文句ブーブー「理解してる人はほとんどいないでしょ」

  5. 10
    庶民の味方「立ち食いそば」安くてウマいはもう望めない? 原材料高で値上げラッシュ

    庶民の味方「立ち食いそば」安くてウマいはもう望めない? 原材料高で値上げラッシュ