番外編<5>過去の掲載店から厳選「珠玉のテイクアウト」3店

公開日: 更新日:

ラザーニェはまるでチーズハンバーグ

 コロナの自粛モードに加えて、梅雨前線の影響で九州から関東にかけては空模様も怪しくなっている。ウマいものでも食べないと、気分が晴れないだろう。今週も、「バッカスがいる店」と「グルメ社長の食い倒れ日記」の掲載店からテークアウトのウマい店をお届けする。

■ANTONIO’s AOYAMA

 父とともに「村さ来」を開業した後、20以上のブランドを運営するドリームリンクの村上雅彦社長は、東京・南青山の老舗イタリアンをプッシュした。

「イタリアンブームが日本に広がったのはバブル時代ですが、この店がオープンしたのはそれよりかなり前の1944年。戦時中に本格的なイタリアンを提供していたんです。たとえば前菜にサッパリとしたカルパッチョとトマトが濃厚なイイダコのトマト煮(1680円)を頼むと、その変化に合わせてスタッフがワインをチョイスしてくれます。そんなサービスを80年近く前から続けてきたのがスゴイ。正統派の店がキチンと評価されて、今も人気なのが素晴らしい。そんなプロの味を家庭でいただけるのはうれしい」

 お気に入りの店内でラザーニェ(2400円)を頼むと、熱々の鉄板にのって登場。とろとろのチーズが板状のパスタとミートソースに折り重なって、まるでチーズハンバーグのようだという。

 テークアウトメニューはHPで確認を。前菜からパスタ、リゾット、肉料理などが1000~3000円ほど。事前に電話で注文を。

(住)東京都港区南青山7―3―6
(℡)03・3797・0388

角煮、エビチリ、炒めもの…ハーフを家族でガッツリと

■獅門酒楼

 磯丸水産や鳥良商店などで知られるSFPホールディングスは2019年2月、東証2部から1部に昇格を果たす。業績アップを指揮した佐藤誠社長は、リトルチャイナの横浜中華街でこの店のCPの良さに一票だ。

「イチオシが、牛バラ肉の角煮込みです。中華のトンポーローで、通常は八角を利かせた風味が特徴ですが、こちらは和食の角煮に近い仕上がり。しっとりとしたバラ肉がゴロゴロと入っていて、ハーフは1500円、レギュラーは2500円。ハーフは1~2人前ですが、女性や小食の人を含む組み合わせなら十分なボリュームです。高くておいしい店はある意味、当然ですが、ここは安くておいしいので、とても使い勝手がいい」

 エビチリや若鳥のカシューナッツ炒め、八宝菜などの一品料理は、多くがハーフとレギュラーから選べる。一品料理はハーフが1000円台、レギュラーが2000円台。干した豆腐を細くスライスした干し豆腐や白菜の甘酢漬けなど前菜は、1000円前後。家族で名店の味を思う存分楽しみたいときには、うってつけだろう。HPやフェイスブックなどでメニューを確認の上、電話で注文を。横浜市中区周辺はデリバリーもあり。

(住)神奈川県横浜市中区山下町145
(℡)045・662・7675

客単価4500円 高級ネタがとにかく安い

■鮨 だり半

 この店名で意味が分かる人は、寿司屋通だ。そんな店を推奨したユサワフードシステム社長の湯澤剛氏は、キリンビールでバラ色のサラリーマン人生を歩んでいた最中、36歳のときに父の急逝をうけて家業の居酒屋を継いだ。倒産寸前で40億円の借金を抱えたが、16年で完済し、人気鮮魚居酒屋に復活させたことから復活請負人と評判だ。

「ダリとは、寿司屋用語で『4』のこと。それに半分だから、客単価が1人4500円であることが店名になっているのです。聞けば、オーナーは市場出身で仕入れ先をガッチリ確保しているのでネタがとにかく新鮮。たとえば、名物のカツオの藁焼きは780円。かなりの厚切りが5切れもあって、食べ応え十分。スモーキーなあぶり方で魚のウマ味の引き出し方が絶妙です。寿司は1貫から注文でき、マグロの脳天やウニ、ノドグロなどが200~300円ほど。高級店並みの寿司ネタをダリ半で楽しめるのはオトクです」

 うれしいことに店のメール会員になって、来店時に届いたメールを見せると、割引サービスが受けられるという。新宿駅南口に2号店もある。テークアウトメニューも充実しているので、仕事などで近くに行く用事があるときはぜひ。

(住)東京都渋谷区千駄ケ谷5―20―11
(℡)03・6457・7871

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”