菅首相支持の原発推進議員「根拠なき海洋放出」を一刀両断

公開日: 更新日:

「もうこれ以上は避けて通れない」。先月、2年後の福島原発汚染水の海洋放出の方針を表明した菅首相は“追い込まれ感”をアピールした。しかし、海洋放出しか手はないのか――。13日、原発推進派で菅首相支持を明言する自民党の山本拓衆院議員が、経産省福島復興推進グループ長や東電の廃炉技術担当者らから国会内でヒアリングした。

 山本氏が問題にしているひとつは汚染水のタンク貯留を継続できない根拠だ。この日も建物周辺の防水により、汚水の発生を食い止め、海洋放出を避けられると主張。防水が技術的に容易であるとの専門家の知見やIAEA(国際原子力機関)の「推奨」も紹介し、具体的に理詰めで迫った。

 ところが、経産省や東電は技術的な問題や時間の制約など抽象論に終始。歯切れの悪さに山本氏は「総理が2年後に海洋放出すると言っちゃった。その根拠をなくすわけにはいかない、と漏らす関係者もいます」と苦しい立場を代弁した。

 最後は「菅総理が東京五輪の前になぜ、海洋放出を打ち出したのか、誰もわからなかった。今日、話を聞いて、判断理由がないということがわかりました」とバッサリ。根拠なき海洋放出は撤回しかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  4. 4

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  7. 7

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  8. 8

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

もっと見る