“テレワーク成り金”が急増中? 1年で貯蓄額2倍増の強者も

公開日: 更新日:

「気づけば1年以上、ほぼ在宅勤務で、出社していません」とは金融系企業に勤める40代の剛さん(仮名)。都内で一人暮らしをしている。4月から出社の“リハビリ”を始めていたが、3度目の緊急事態宣言が発令され、さらに延長。元の生活に逆戻りしてしまっている。

「長時間の在宅で光熱費はかかるようになりましたが、会社から毎月、通信費の補助が出るのでトントンです。飲みに行かなくなって、デリバリーもすぐ飽きて自炊するようになったので、確実に食費や洋服代は減りましたよ。この1年で貯蓄額は2倍増です」(剛さん)

 剛さんは「精神的にきつい時もありますが、もう在宅も慣れてきた。海外駐在員がリッチになって帰国するのと同じで、私は“テレワーク成り金”です」と笑う。

 テレリモ総研(運営会社LASSIC)の昨年の実態調査(テレワークの経験がある全国の男女1077人が対象)によると、電気代、ガス代、水道代、食費、交通費、遊興費のうち、テレワークで出費が「増えた」という回答が半数を超えたのは電気代(67%)のみで、それ以外は「変わらない」か「減った」が多数派だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  5. 5

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  6. 6

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  7. 7

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  8. 8

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    国会延長を拒否した菅首相、三原副大臣、平井大臣の二枚舌

もっと見る