番外編<3>過去の掲載店から厳選「珠玉のテイクアウト」5店

公開日: 更新日:

1人前2個 焼売の圧倒的なお肉感

 緊急事態生活を安全に楽しみたい。そこで今週も、「食い倒れ日記」と「バッカスがいる店」で掲載した店の中から、テークアウトやお取り寄せでウマいものが食べられる店を紹介しよう。

■野田焼売店 駒込店

(住)東京都文京区本駒込6―24―4
(℡)03・5395・9940

「麺や庄の」はじめラーメン店など10店舗を運営する「麺庄」の庄野智治社長は、焼売の食べ歩きでこの店を見つけ、その味に惚れ込んだ。

「ふわっとして軟らかい食感なのに、圧倒的なお肉感なんです。豚肉のウマ味とともに感じる、ほのかな甘味。化学調味料は一切感じないので、その正体は恐らくタマネギ。タマネギが甘さと食感の軽さを演出し、豚肉のウマ味も引き立てているのです」

 オーソドックスな焼売のほか、アレンジを加えた5種類の計6種類。各2個で300円ほど。スープ以外の一品料理も持ち帰り可能。

すべて大当たり! 老舗洋食店の実力

■旬香亭

(住)東京都豊島区目白2―39―1 トラッド目白2階
(℡)03・5927・1606

 ハンバーグやシチューなどは家庭料理としてもおなじみだが、やっぱりプロの洋食の味は違う。麺屋武蔵の矢都木二郎社長は、目白の老舗・旬香亭がイチオシだ。

「ヒレカツ、カニクリームコロッケ、マカロニグラタン、ハンバーグ、タンシチュー……。どれを頼んでも大当たりなんです。ハンバーグのメニュー名には『ステーキ』と添えられているだけに、肉感がすごい。テークアウトでぜひ」

 店のHPでテークアウトメニューを公開している。幕の内仕立ての洋食弁当(2200円~)のみ2日前までに予約を。そのほかは当日OKだが、事前に電話で注文するのが無難だ。

 ◇  ◇  ◇

家族でシェアがオススメの無化調中華

■太古城

(住)神奈川県三浦郡葉山町一色1052 B1
(℡)046・884・9442

 素朴な町中華に出合うとうれしくなるが、大量の化学調味料に胃がもたれることも。その点、各線逗子駅からバスで10分ほどのこちらは化学調味料フリーで安心して食べられる。SEED―TANK社長の古里太志氏は店が東京・渋谷にあったころからの常連だ。

「たとえば餃子(800円)は、小籠包のようにスープがじゅわっとあふれ出します。人気の土鍋チャーハン(1500円)は、卵チャーハンに豚の角煮やホタテを刻んだ餡をかけた豪華版。麻婆豆腐は、豚を叩いてひき肉にしています。どの料理も丁寧でホッとするんです。家族でたくさん注文してシェアするのが正解でしょう」

 紹興酒もテークアウト可能。営業時間は確認を。

出汁がキラキラと ネギマ鍋を堪能しよう

■浅草一文 本店

(住)東京都台東区浅草3―12―6
(℡)03・3875・6800

 江戸時代、ネギマといえば、千住ネギとマグロのトロを煮込んだ鍋のこと。

 その老舗をプッシュしたのが、「焼肉屋さかい」を全国展開させてから引退し、今では喫茶店などを運営するJ・ARTの坂井哲史社長だ。

「マグロを鍋に入れると、脂がすっと溶け、ウマ味が出汁に染み出し、ネギの甘味と重なります。マグロを泳がせるにつれて、出汁の表面がキラキラしてね。この店のネギマは格別です」

 店舗は休業中で、HPからお取り寄せできる。冷蔵の「千住ネギ付江戸ねぎま鍋」は3400円。価格が上がると、マグロが上質になるが、「老舗は最安値で十分ウマい」という。

 ◇  ◇  ◇

火鍋の紅白スープをとことん楽しむ

■火鍋 三田

(住)東京都港区三田5―4―6 トリニティハウス三田101
(℡)03・6453・9219

「サカナバル」が人気の「アイロム」社長・森山佳和氏は、「この店に出合うまで火鍋の違いが分からなかった」と笑う。

「火鍋は、赤い麻辣スープと白い白湯スープにいろいろな食材を煮て食べます。ここは、とにかく白湯スープが濃厚。あの濃厚さはほかにないし、麻辣スープは山椒が惜しみなく使われています。四川料理の人気店・趙楊の姉妹店と知ったときは納得でした」

 テークアウトは、紅白のスープに野菜と肉を加えたAセットが1人前3000円。Aセットに魚介をプラスしたBセットが同3500円で、紅白のスープのみのセットが同1500円(各2人前から)。白は、赤を割るのにも使うので、多めに注文する方がいいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”