婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

公開日: 更新日:

 2017年9月3日、揃って幸せいっぱいの婚約内定会見を開いてから3年8カ月あまり。その後、秋篠宮家の長女眞子さま(29)と小室圭さん(29)に起きた出来事や紆余曲折は、三島由紀夫の長編小説「永すぎた春」の比ではない。まさに事実は小説よりも奇なりといったところだろう。

 若い二人が恋愛感情の盛り上がりに流されるまま結婚を約束するものの、ふとした瞬間にはっと我に返り、冷静になって互いを見つめ直すケースはよくあることだ。ネットサイト「当る復縁占い.net」が「彼氏彼女と結婚の約束をしたことがある男女200人」を対象にしたアンケート調査(2020年5月)によると、その後、破棄に至った確率は45%だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  5. 5

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  6. 6

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  7. 7

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  8. 8

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

もっと見る