大阪池田“サウナ市長” 血税で吉村知事懇親会参加のドケチ

公開日: 更新日:

 サウナをはじめ私物を役所にドッサリ持ち込み、職員にはパワハラ。悪評ふんぷんの大阪・池田市の冨田裕樹市長の市政私物化は底ナシである。吉村知事を囲む会に血税で参加したドケチが判明。この期に及んでもポストにしがみつく厚顔無恥だ。

 池田市の「令和元年度市交際費」によると、10月分支出として「大阪府吉村洋文知事を囲む懇親会」を含む4件に会費として計2万3500円を計上。懇親会の会費を市に問い合わせると、「1万円」(市長公室秘書課)とのことだった。

 吉村知事を囲む会は2019年10月にリーガロイヤルホテル大阪の宴会場で開かれ、呼びかけたのは熊取町の藤原敏司町長。当時、吉村知事は大阪維新の会の代表代行で、維新メンバーの藤原町長は再選を狙う町長選を3カ月後に控えていた。冨田氏は半年前に維新公認で池田市議から市長に鞍替え当選したばかりで、サウナ問題で離党するまで維新どっぷり。要は公務とは無関係の政党会合に公費を使って参加したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  7. 7

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  8. 8

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  9. 9

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  10. 10

    国会延長を拒否した菅首相、三原副大臣、平井大臣の二枚舌

もっと見る