小池都政3度目緊急事態宣言へ “令和の禁酒令”踏み切る恐怖

公開日: 更新日:

 東京都が、新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言が出された場合、飲食店での酒類の提供を終日禁止する方向で調整していることが明らかになった。宣言の期間は4月25日か26日ごろから、GWを挟んで5月11日か16日ごろまでの2~3週間になりそうだという。

【写真】この記事の関連写真を見る(11枚)

 それにしても、行政に振り回され続ける飲食店が気の毒になる。3月21日にようやく緊急事態宣言が解除され、酒類の提供が午後8時から午後9時まで延長されたかと思ったら、4月12日に「まん延防止等重点措置」が適用されて再び午後8時に戻った。かねてから飲食店がいくら営業時間や酒類の提供時間を短縮しても、要請を無視して深夜まで営業を続ける店が存在する限り、効果は限られるという意見もあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  2. 2

    さざ波以上に「笑笑」が問題 高橋洋一氏は人としてダメだ

  3. 3

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  4. 4

    蜜月関係から一転…西尾市長「スギ薬局」猛批判の裏事情

  5. 5

    前統幕長“ワクチン独断専行”に激怒!ポンコツ首相は猛省を

  6. 6

    阪神エース西は体たらくいつまで?先発陣ボロボロ投壊寸前

  7. 7

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  8. 8

    ぼったくり男爵が来日固執 小池女帝の五輪返上阻止を画策

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    小池都知事が側近と“密議”「東京五輪返上」で頭がいっぱい

もっと見る