「サカナバル」も展開 「アイロム」社長・森山佳和さんの巻<1>

公開日: 更新日:

jiubar(東京・神楽坂)

 飯田橋駅から神楽坂通りを善國寺方面に上がって2分ほど。右手のビルの3階にあるのが、こちらです。看板は一切なく、ビルの入り口のフロア表示に店名が書かれているだけで、目印がなく、いつも「どこだっけ?」と迷ってしまいます。そのひっそり感がいいんですよ。

 エレベーターもなく、階段で3階へ。重い扉を開けて中に入ると、目に飛び込んでくるのは、カウンター越しのボトルの数々。中華料理店には珍しいウイスキーやハードリカーなどのボトルが並んでいます。バックバーの充実ぶりは、まるでバーのようで、一瞬、中華料理店であることを忘れますよ。

 カウンター中心の19席は、店内の雰囲気もバーのようですから、ワイワイガヤガヤの大皿中華ではありません。2人でシェアしてちょうどいい、小皿中華です。今でこそ定番となりつつある小皿の傾向は、ここが先駆けといっていい。

 だれもが頼む肉団子(680円)は一皿4つ。外側はカリッと、中心は肉感たっぷり。その一つ一つを包むソースは甘いようで辛く、酸味もあります。中国・四川の魚香という調味料に青山椒のマッチングです。

オリジナリティー溢れる料理は一皿1000円前後

 ベーコンと香味野菜のサラダ(980円)は、刻んだパクチーなどがたっぷりでベーコンが見えません。見せ方にも楽しさがあって、初めて訪れた人はメニュー名とは一線を画す盛り付けと味に驚くこと間違いありません。

 春巻き(880円)の餡としてアスパラガスはあるかもしれませんが、ゴルゴンゾーラチーズを合わせる店はここくらいでしょう。シチューのように軟らかく仕上げたタン(1080円)を囲むのは、何と紫キャベツとトマト山椒でした。フレンチのような盛り付けが目に美しい。

 どの皿をとっても、ほかの店と同じような内容のものはひとつもありません。このオリジナリティーが面白いのです。それが一皿1000円前後。コスパも抜群です。

 で、肉団子と並んで皆さん召し上がるのが、酢豚(1280円)です。最近は黒酢の酢豚が流行でしょう。そのイメージでいうと、肉団子の方が見た目はその仕上がりに近いかもしれません。酢豚は、何とソースが透き通っているのです。

 サツマイモがほどよい甘味を加え、上品なコクのある餡がカリッとした豚を包んでいます。喉をスッと抜ける爽やかさ。この喉越しのよさが、後をひくのです。

料理もお酒もとにかく発想が自由

 モヒートは一般にラムで仕上げます。こちらのパクチーモヒート(780円)は、白ワインがベース。ジャスミン茶ワー(680円)は、ウオッカをジャスミン茶で割っています。肉団子の味のアクセントになる青山椒はジンにまぶしてジンソーダ(730円)に。

 ドリンクも一つ一つがしっかりとまとまっていて、決してにぎやかしの変化球ではありません。どれもまっとうな一杯になっています。

 料理もお酒も、とにかく発想が自由。お酒についてはバーとしての実力が感じられます。

 一部のメニューは、テークアウトも可能ですから、覚えておいて損はありません。

(取材協力・キイストン)

■jiubar
東京都新宿区神楽坂2―12 神楽坂ビル3階
℡03・6265・0846

■アイロム
恵比寿、六本木、川崎で地元に親しまれる「サカナバル」を営業するほか、渋谷にダイニングバー「BEE8」も展開。コロナ対策で缶詰事業にも着手している。

▽森山佳和(もりやま・よしかず)1977年6月24日、横浜市生まれ。デザイン専門学校を卒業後、転職を経て飲食業界へ。エリアマネジャーとして経営ノウハウを蓄積して独立。魚に特化した洋食業態を開発し、店名でもある「サカナバル」は商標を取得している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?