焼き鳥一筋37年 「八兵衛」社長・八島且典さんの巻<2>

公開日: 更新日:

bistro Meat man(東京・渋谷)

 再開発が進む渋谷から宮益坂を上って坂上に出たら、松屋の角を左に曲がって最初の路地を右に折れると、左手にビニールシートで覆われた店が目に入ります。肉全般を表すミートを屋号に掲げるだけあって、いろいろな肉料理をリーズナブルな価格でいただけるのが魅力です。

 スタートの定番は、メニューに「No.1!!」と書かれている通り牛タンのカルパッチョ。赤身のカルパッチョは定番で、ローストビーフはビストロならどこの店でもおなじみでしょう。その点、牛タンは珍しい。

 実は、低温で火入れしたものをスライスしているのです。低温ですから生の食感を残しつつも、臭みはありません。甘めのオニオンソースで口に運ぶと、ビールのアテに最高です。もちろん、赤身のタタキユッケもそろえていますが、初めてなら牛タンでしょう。2人なら小(580円)でも十分。3人以上はレギュラー(980円)がお薦めです。

お腹をすかせていく

 メニューのレコメンド欄には、ハラミのステーキ(100グラム980円~)や赤身のステーキ(同)がデンと構えていて、カウンター越しのネタケースには塊肉が鎮座。デートなどでカウンターに座ると目の前の肉たちだけでなく、あちこちのテーブルに向かう料理が次から次へと目に入るので、たまりません。ぜひお腹をすかせていくことです。

 爆弾ボンバーサラダ(780円)はパクチーやクレソンなどを豪快に盛りつけた一皿で、その名の通りのボリューム。肉をたくさんいただくためにも、野菜もたっぷりと。盛りつけも面白い。

 

女子受け抜群

 メニューのバインダーには、時期のお薦めが別にあって、鶏の骨付きもも肉をガーリックソースで炒めた1本(1180円)は、まるでマンガ肉のようなたたずまいで登場します。白子の麻辣パクチーは、中華料理店にあっても不思議のないクオリティー。白子にほどよく火が通ってトローッとしていて、麻辣ソースがよく絡みます。白子の甘味とウマ味に麻辣が絡んで、これもビールに合います。

 そうそう、スタッフはみんな愛想がよく、肉などは、骨付きのももはいい感じで切り分けてくれるのでご安心を。それでいて、「骨の周りはかぶりついてください」と肉好きの楽しみもしっかりと残しておいてくれるのでうれしい。

 煙モクモク系ではないので、女性客があちこちにいます。デートにも、女子会にも。もちろん肉好きの男性にも人気です。でも、女性と一緒にカウンターで肉パラダイスが最高でしょう。
 

コラーゲンたっぷりの炊鶏鍋

 温まるなら、炊鶏鍋(1人前1180円)でしょう。鶏ガラで丁寧にとった出汁をスープにしていて、コラーゲンたっぷり。下仁田ネギと鶏のシンプルな鍋を口に運ぶと、ハフハフトゥルッと胃に収まるのです。

 もうひとつ忘れてはいけないのが、辛麺(780円)でしょう。唐辛子をふんだんに使った、文字通り辛い麺ですが、スープにウマ味があるので見た目のイメージより、ウマ味が勝っていて、辛党にはたまらないシメになります。

 そうそう、社長はジンギスカンの研究でスタッフと一緒に何度も北海道に足を運び、おいしい肉の仕入れとタレの開発に成功。ジンギスカンファンをうならせていました。夏は大好評でしたが、残念ながら今はお休み中。来春に復活したら、要チェックです。

(取材協力・キイストン)

▼bistro Meat man
東京都渋谷区渋谷1―5―6 ラ コリーナ渋谷1階
℡03・6434・1166

■焼とりの八兵衛 1983(昭和58)年創業で、焼き鳥一筋37年。本店を構える福岡を中心に、東京・六本木と米ハワイにも出店。「豚バラとキャベツ」に象徴される博多スタイルの焼き鳥を国内外に広げている。

▽やしま・かつのり 社長になった今なお焼き場に立つ。ルーツである実家の精肉店で培った確かな食材選びと高温の備長炭で一気に焼き上げる職人技もさることながら、持ち前のバイタリティーと明るさで周りの人を魅了する。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室眞子さんがビザ失効で一時帰国? その程度のことで元皇族が左右されることはない

    小室眞子さんがビザ失効で一時帰国? その程度のことで元皇族が左右されることはない

  2. 2
    広末涼子“ヒモ報道”があった夫を「尊敬している」 私生活さらけ出し同世代に広がる共感

    広末涼子“ヒモ報道”があった夫を「尊敬している」 私生活さらけ出し同世代に広がる共感

  3. 3
    ブーイング相次ぐNHK朝ドラ「ちむどんどん」にも楽しみ方はある

    ブーイング相次ぐNHK朝ドラ「ちむどんどん」にも楽しみ方はある

  4. 4
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

  5. 5
    表敬訪問したウクライナ歌手カーロリさんは超セクシー系! 岸田首相は知っていた?

    表敬訪問したウクライナ歌手カーロリさんは超セクシー系! 岸田首相は知っていた?

もっと見る

  1. 6
    いしだ壱成が月9出演に意気込み…演技の才能あれど制作側が及び腰なワケ

    いしだ壱成が月9出演に意気込み…演技の才能あれど制作側が及び腰なワケ

  2. 7
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  3. 8
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  4. 9
    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

  5. 10
    1.8mのワニが校舎の前に! 1人で捕獲した警察官にフロリダ州の小学校は大興奮

    1.8mのワニが校舎の前に! 1人で捕獲した警察官にフロリダ州の小学校は大興奮