旅先でコロナ感染かも…受診や入院の素朴な疑問に答えます

公開日: 更新日:

 ハデに遠出するのははばかられるが、近場なら……。新型コロナウイルスの感染が広がる中、今年は電車や車で2時間程度の近場の旅行がブームだという。移動による感染リスクをなるべく避けつつ、いつもと違う雰囲気を楽しみたいということだろう。が、感染リスクはゼロじゃない。観光庁によれば、GoToトラベルでの旅行者から10施設で10人の感染が判明したという。

  ◇  ◇  ◇

 観光庁が発表した翌22日、長崎県は旅行中の20代男性の感染を発表。20日に佐世保市のハウステンボスを訪れ、近くのホテルに宿泊。21日に39・6度の熱が出て、22日の検査で陽性が判明し、医療機関に入院した。同行者1人は陰性だった。

 万が一、旅先で具合が悪くなったらどうすればいいのか。「Go To トラベル」を推進する観光庁に聞いた。

【Q】具合が悪くなったら、どこに相談すればいいか?

「ホテルのフロントや旅館の受付で最寄りの保健所の連絡先を聞いて、保健所に相談してください」

 各地の保健所は、新型コロナの受診窓口として「新型コロナ受診相談センター」の役割を担っている。

【Q】新型コロナの感染が疑われるときは?

「発熱や倦怠感、息苦しさなど新型コロナウイルスの感染が疑われると、保健所の判断で各都道府県に設置されている『帰国者・接触者相談センター』に紹介され、受診することになります」

【Q】すぐに検査をしてもらえるか?

「医師が検査の必要ありと判断すれば、PCR検査になります」

【Q】PCR検査で陽性だったら?

「各都道府県の感染症指定医療機関か軽症者向けの宿泊療養施設に入院です」

【Q】軽症なら自宅に帰れる?

「公共交通機関を利用している方では難しいですが、おひとりでマイカー利用なら帰宅できる可能性はあります。保健所の判断です」

 1人で旅行する可能性は低いとはいえ、帰れる可能性があるのはうれしいだろう。

【Q】家族も一緒に入院?

「家族は濃厚接触者ですから、入院するかどうかは検査結果で保健所が判断。陰性なら入院はしませんから、別行動です」

 観光庁が発表した感染者10人については、同行者ら濃厚接触者はいずれも陰性だった。宿泊施設のスタッフも感染していなかったという。感染者が宿泊した施設は、消毒して営業を続けたところもあったが、自粛した施設もあったようだ。

 一方、旅行によって感染が広がる沖縄では、「Go To トラベル」スタート前の7月9日に東京から訪れた20代女性の感染が発表された。長崎県の20代男性ほど症状は強くなく、3日に咳などがあり、4日に指定医療機関を受診。PCR検査で陽性が確認されたのは8日だったという。そこで、沖縄県にも聞いてみた。

【Q】受診までの流れは?

「那覇空港に設置した『旅行者専用相談センター(TACO)』が、新型コロナウイルスに関連する旅行者の相談窓口になっています。看護師2人と事務スタッフ1人が2交代制で対応。具合が悪くなった旅行者がTACOに電話すると、看護師が問診して、新型コロナウイルスの感染が疑われると、保健所からの受診勧告があって、本人が同意すれば感染症指定医療機関を受診する流れになっています」

 PCR検査を受けてから結果が出るまでは、所定の一時宿泊施設で休養することになるそうだ。

【Q】医療機関までの移動は?

「TACOが手配した感染対策車両で指定医療機関まで搬送します」

 運転席のある前列と後列との間をシートなどで遮断した感染予防装備車両で、運転する人は防護具を着用するという。

【Q】旅行者も医療費はタダ?

「医師が必要と判断した場合に行うPCR検査は行政検査で指定医療機関で行われます。これらの施設での検査費用は公費負担です。入院した場合の医療費も公費で賄われます」

【Q】一緒に旅行している同行者はどうなる?

「家族は濃厚接触者ですから、検査結果が陽性なら入院です。陰性なら残りの旅程に沿って行動することになります。ただし、問題は、親が感染して子供の面倒を見る人がいなくなるようなケースです。症状によっては一緒に入院することもあるでしょう」

 陽性者以外の家族が成人していて陰性なら、別行動に。陰性の家族は予約済みの飛行機で帰り、入院した陽性者は退院後に別の飛行機を予約し直して帰宅することになる。その分のチケット代は自腹だ。

【Q】沖縄の病床利用率は9割近い。すぐに入院できるのか?

「軽症者向けの宿泊療養施設は空きがあるので、すぐに入居できます」

 ◇  ◇  ◇

 これだけ感染が広がると、どこで感染が判明しても不思議はない。近場に出掛けるにしても、細心の注意を心掛けよう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!