ジョージア北西部の秘境「怖い歴史」も残る世界遺産の村

公開日: 更新日:

Sannaさん(ジョージア・ウシュグリ編)

 ジョージア北西部、大コーカサス山脈の南に位置するスヴァネティ地方は、上下に分かれており、アッパー・スヴァネティの中心となるのがメスティアという街だ。

 そこから南東へ約45キロ、世界遺産にもなっているウシュグリは人が定住する村としては、ヨーロッパで最も高所にある。絶景は、古い石塔が立ち並ぶ秘境ウシュグリを写した一枚。

 秘境というだけにアクセスは困難です。メスティアから4WDをチャーターして片道1時間半かけて移動しました。

 厳しい自然環境にあるため、大国が攻め入ってくることが少なく、ここに暮らすスヴァン人は独自の言語と文化を守ることができました。

 美しいシュハラ山を背景にエヌグリ川が流れ、放し飼いになっている牛や豚が草を食べる姿に心がなごみます。山あいに古い家屋が密集し、傷みがひどく廃虚と化した建物も点在しています。時が止まったように感じますね。

 散策していると石造りの塔が目に入ります。四角く縦長の塔。9~13世紀の「コシュキ」と呼ばれるもので、かつて部族間の争い時に敵から身を守るための防御塔として使われていました。塔の入り口は高い場所に設けられていました。

 少し怖い歴史ですが、スヴァン人には家族が危害を加えられたら復讐してもいいという掟があったそうです。

 報復から身を守るためにも塔が使われていたのですが、現在は穀物倉庫や宿などに利用されています。

 12世紀に建てられたラマリア教会や民俗博物館などの見どころもあります。

▽Sanna(サナ) 出版社勤務などを経てフリーライターに。これまで約70カ国を巡った。主に旅の記事を書く。最新刊に「はじめて旅するジョージア 」(辰巳出版)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

  3. 3
    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

  4. 4
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 5
    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

  1. 6
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  2. 7
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 8
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  4. 9
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 10
    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま

    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま