高値で売るなら今…新札「渋沢栄一」で紙幣ブーム到来!

公開日: 更新日:

「先日も遺産整理をしている弁護士さんから、買い取り依頼がありました。記念切手や昔の紙幣、硬貨をコツコツ集めてきた高齢者は多く、かなりの数量が日本全国の家で眠っていると思います」(東京・中野「カードショップトレジャー」店主で鑑定士の長尾美千生さん)

 切手や紙幣・硬貨、いずれも昔からコレクターの多いアイテムだが、時代とともにこれらの価値は変わりつつある。かつては一大ブームになった切手も、今では人気に陰りが見えているという。

「ハガキや手紙を送る人は減っていますが、小包での利用があるので、切手の流通量は増えています。しかし、高齢化とともにコレクターはかなり減っています。そのため、プレミアがついているのは昭和30年代以前のものだけで、それ以降のものは記念切手でも買い取り価格は額面割れしているのが現状です」

 では、紙幣や硬貨はどうか。

「古銭は金や銀などの素材でできているものもあるので、今でも人気があります。それに比べると紙幣は古銭ほどではありませんでしたが、2024年に発行される新紙幣をきっかけに、また注目が集まると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか