染谷昌利
著者のコラム一覧
染谷昌利副業アドバイザー

1975年生まれ。株式会社MASH代表。12年間の会社員生活を経て、独立。「ブログ飯」などの人気ブログやサロンを運営。サロンは月額6000円で約80人。近著に「副業力」(日本実業出版社)など。

アドセンス初心者向きなのが地元観光情報発信サイトだ

公開日: 更新日:

 地方創生ブームといわれるが、現実的には予算がなくて思うような活動ができない団体や個人も多い。そこでお勧めしたいのが地域の観光情報を発信するメディア運営にGoogleアドセンスを組み込むことだ。

 地元の情報を世界にPRすると同時に、広告収入を得ることも可能になる。地域情報メディアはネタ切れの恐れが少ないし、なにより大手メディアとの競争にならないので、初心者にはやりやすい。筆者も東京・銀座エリアのランチ情報を紹介するブログを運営していた時、1日に1000円程度の報酬を得ていた。

 アフィリエイト(成功報酬型広告)は、商品が売れた場合やサービスに申し込まれた場合に報酬が発生するが、アドセンスは広告のクリック時に収益が確定する。

 一度配置されたアドセンス広告はGoogleによっておのおののメディアに最適な広告が自動配信されるため、運営者はアクセス数を伸ばす施策や、クリック回数を増やすデザインの検証に注力することができる。

 アドセンスの収益を伸ばすには一定の方程式がある。それは、ページビュー×クリック単価×クリック率だ。これらの数値を向上させることにより、報酬額を増やすことが可能になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!