仲野太賀を絶賛する父・中野英雄 2人の父子共演を阻むのか? “絶縁宣言”後も付きまとうイメージ

公開日: 更新日:

 日本初の女性弁護士・三淵嘉子さんの人生をモデルにした、NHK連続テレビ小説「虎に翼」。伊藤沙莉(30)演じる主人公の猪爪寅子の夫、佐田優三役を好演しているのが俳優の仲野太賀(31)だ。

 7月スタートのドラマ「新宿野戦病院」(フジテレビ系)で小池栄子(43)とW主演を務めるほか、2026年放送のNHK大河ドラマ「豊臣兄弟!」で主人公の豊臣秀長役に抜擢されるなど、いま最も注目度の高い俳優の一人である太賀は、俳優の中野英雄(59)の次男で、言わずと知れた2世俳優でもある。

 父・英雄の当たり役といえば、古くは1992年放送の鈴木保奈美(57)主演ドラマ「愛という名のもとに」(フジ系)で演じたチョロ役だが、なんといっても映画やVシネでのヤクザ役だろう。北野武監督の「アウトレイジ」(10年)、「アウトレイジ ビヨンド」(12年)や「日本統一」シリーズなど、さまざまなヤクザ作品で存在感を示している。そんな英雄は、太賀の活躍に目を細めているという。

「SNSに太賀の出演情報をアップしたり、太賀について『最高だ!!』『今日の太賀良かった!!』と投稿したりと、息子の活躍がなにより嬉しい様子が伝わってきます。役者としての存在感はまだまだ父親に及ばないものの、民放やNHKで活躍する太賀はすでに役者として『父親を超えた』なんて声も聞こえてきます。そんな2人の親子共演を期待するファンも少なくないようです」(スポーツ紙記者)

 民放の旅番組での共演のほか、英雄が監督、脚本を担当した短編ドラマに太賀が出演しているが、本格的な共演には至っていない。《ヤクザ作品で親子共演が見たい》なんて声もあるが、2人の共演がなかなか実現しない“ある事情”が囁かれているという。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽