無垢で可愛かったのに…元有名子役・若山耀人逮捕の衝撃! NHK大河「軍師官兵衛」にも出演

公開日: 更新日:

《演技を超越してしまった実行犯になってしまいましたね…》《ああっ、何と言う人の恐ろしさ非情さ、元ファンから見たら虚無感が》《「軍師官兵衛」の子役だった時、とても無垢で可愛い子だったのに。その子が10年後に恐ろしい事件の実行犯になるなんて。ショック》

 栃木県那須町で、飲食店経営の宝島龍太郎さん(55)と妻の幸子さん(56)の焼かれた遺体が見つかった事件で、警視庁が死体損壊の疑いで、元俳優の若山耀人(きらと)容疑者(20)と韓国籍の姜光紀容疑者(20)を新たに逮捕していたことが、1日までに明らかになった。姜容疑者は、すでに逮捕されている平山綾拳容疑者(25)の知人で、若山容疑者と共に宝島さん夫妻に火をつけ損壊した疑いがもたれている。

 今回、特に驚きが広がっているのが若山容疑者の逮捕だ。

「若山容疑者は大手芸能プロダクションに所属していた元有名子役で、2014年にNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』、日本テレビ系連ドラ『地獄先生ぬ~べ~』など人気作品に次々と出演。キラリと光るものを持ったイケメンで将来を期待されていましたが、2018年公開の映画『曇天に笑う』のプロモーションに参加した頃を最後にパタリと表舞台から姿を消してしまいました」(ドラマ関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」