著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

佐藤江梨子、MEGUMI、小池栄子は消えず健在…元イエローキャブ40代女優3人の現在地

公開日: 更新日:

「ボイン」という言葉をつくったのが大橋巨泉だというのを若い人に言ったところで、「大橋巨泉って誰ですか」と聞き返されるのがオチ。そもそも若者は「ボイン」がなんのことかもわからないかもしれない。

 そんなことをふと思ったのは18日「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」(テレビ東京系)に佐藤江梨子(41)が出ていたから。

 いわずと知れたオッパイ事務所イエローキャブのグラドルがバラエティーで活躍していたのは20年ほど前か。細川ふみえ、かとうれいこ、雛形あきこ山田まりやらも所属する事務所でサトエリと小池栄子(42)、MEGUMI(41)は年代も近く、よきライバルといった印象だ(一部不仲説もあったが)。

 バラエティーで水着姿のことも多かった彼女たちが、消えずに芸能界に残っているというのはすごいことだ。

 残っているどころか小池は昨年の大河「鎌倉殿の13人」で北条政子役を演じ、演技力が高く評価された。女優以外でも「カンブリア宮殿」では村上龍のサブを務め、「クレイジージャーニー」「芸能人が本気で考えた!ドッキリGP」の司会など硬軟どんな番組にも対応できるMC力を発揮、CMでも引っ張りだこ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変