“不倫占い”を夫に暴露された篠田麻里子…「修羅場音声」流出も強気に不倫を完全否定のワケ

公開日: 更新日:

 その後、観念したのか、篠田は泣き崩れ《お願いです!謝るから!》とA氏に懇願。それでもA氏は《娘を守ることしか考えていない。チャンスはない》と突き放した。そしてバルコニーらしき場所に出て篠田は《絶対死ぬ。死んだら許してね》と飛び降りようとしたが、A氏は《ダメだ》と言って必死に止めているまさに地獄絵図のような音声が記録されている。

「状況から考えてA氏か篠田さんが録音したとしか考えられない。裁判などで有利になるためにA氏が記録していたと考えるのが自然でしょう。A氏はX氏を訴え、篠田さんとは離婚調停中だといいます。篠田さんは不倫を半ば認めて許しを請うていましたが、その後、誰かにアドバイスをもらったのか、不倫を否定しています。家庭裁判所は篠田を監護者に指定し現在娘と一緒に暮らしている。恐らくA氏ははらわたが煮えくり返る思いなのでしょう。日本では不貞行為の有無は監護者の決定に影響がないことが多い。A氏は家裁の理不尽な決定に対し、納得がいかない様子が伺えます」(スポーツ紙記者)

 一方で、音声まで流出し、不倫疑惑が大々的に明るみに出た篠田の今後はどうなるのか。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

    ジャニー喜多川氏の性加害を暴いた“禁断の書”の中身…超人気アイドルが「ジャニーさんが、ジャニーさんが…」

  2. 2
    北公次は性被害とアイドルからの凋落で壊れていった…ジャニー喜多川氏からは花輪も届かず

    北公次は性被害とアイドルからの凋落で壊れていった…ジャニー喜多川氏からは花輪も届かず

  3. 3
    花巻東・佐々木麟太郎は清宮タイプ? 3試合連続の通算134本でも「ドラ1指名」が困難なワケ

    花巻東・佐々木麟太郎は清宮タイプ? 3試合連続の通算134本でも「ドラ1指名」が困難なワケ

  4. 4
    大谷翔平がプレーするメジャーでは常識? 球団がトップ選手を守る“夜のプライバシー管理”

    大谷翔平がプレーするメジャーでは常識? 球団がトップ選手を守る“夜のプライバシー管理”

  5. 5
    19年前の木村拓哉ドラマ撮影中“流血事故”は報じられず…ジャニーズとメディアのズブズブ

    19年前の木村拓哉ドラマ撮影中“流血事故”は報じられず…ジャニーズとメディアのズブズブ

  1. 6
    今度はOBの今井翼が…ジャニタレたちに相次ぐ体調不良・活動休止で飛び交う憶測

    今度はOBの今井翼が…ジャニタレたちに相次ぐ体調不良・活動休止で飛び交う憶測

  2. 7
    市川猿之助はジャニー喜多川と同じだったのか、それとも伊丹十三か?

    市川猿之助はジャニー喜多川と同じだったのか、それとも伊丹十三か?

  3. 8
    タッキー社長の本格始動に“勝機と商機”あり 大手レコード会社から2組デビューで滑り出し上々

    タッキー社長の本格始動に“勝機と商機”あり 大手レコード会社から2組デビューで滑り出し上々

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    平野紫耀の"CM放送継続"にティアラ歓喜 ジャニーズに忖度しない外資系企業のドライな対応

    平野紫耀の"CM放送継続"にティアラ歓喜 ジャニーズに忖度しない外資系企業のドライな対応