歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

公開日: 更新日:

 ヘアヌード写真集に新たな歴史が刻まれる。5大陸94カ国以上を旅してきた作家、旅系タレントの歩りえこが、すべてを脱ぎ捨て、「歩りえこ1st写真集 スフィア」(講談社・撮影:山岸伸)を7月8日にリリースする。Hカップの美巨乳とメリハリのあるカービーボディーは必見。「もともと胸が大きいのはコンプレックスだった」という本人の元を訪ねた。

  ◇  ◇  ◇

 ──今まで雑誌やDVDで多数のグラビアはやられてましたが、意外なことに写真集は初めてだそうですね。

「40歳という節目を迎えて、今後、年齢を重ねていくとどうしても衰えが出てくると思いまして。今の自分の体のすべてを残しておこうかなと」

 ──40歳になって体の変化は感じますか?

「そりゃ、ありますよ~。シミやシワが目立つようになってきたし、痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけにするとか努力してますが、なかなかね。でも、そういうものも含めて今の私を見ていただこうと。でも、若い時にはなかった色気が出てきたのか、最近は60代や70代のオジサマ方からモテるようになりました」

 ──いい出会いはありましたか?

「フフフ。私は、年下の方から年上の方まで好きなんです。あちらの方ばかりじゃなく、大人の余裕があって、お話が楽しい方なら80代でもすてきな男性はたくさんいますよね」

 ──それにしても今回、いい脱ぎっぷりです。

「現場では最初は恥ずかしかったんですが、一度思い切ってしまうと、後は、撮影されている方は自分のことは見えていないので。山岸先生にうまくリードしていただいて、自分は、男の人とのエッチな妄想を頭で考えて表情やポーズをつくることに集中していました」

 ──こうした現場では案外、スタッフの方が照れることがあります。

「そうですね。足を開いたときには、丸見えになっちゃってると思いますね。後ろからお尻の穴も見えちゃってたと思います。でも、私、“アナル処女”なんですよ。海外でいろんな男性に求められましたが、アナルだけは拒否してきたんです。経験が多いと広がってきちゃうから、アナル処女を貫いてきてよかった! と思いましたよ(笑)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 2
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  3. 3
    ヒカルやオリラジ中田敦彦がソッポを向かれ始めた…“上から目線”YouTuberの曲がり角

    ヒカルやオリラジ中田敦彦がソッポを向かれ始めた…“上から目線”YouTuberの曲がり角

  4. 4
    新庄日本ハム今季5度目サヨナラ勝利、最多観客も素直に喜べず…清宮故障リタイアの痛恨

    新庄日本ハム今季5度目サヨナラ勝利、最多観客も素直に喜べず…清宮故障リタイアの痛恨

  5. 5
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  1. 6
    大谷翔平104年ぶり偉業の“お値段” 「来季年俸47億円+出来高ガッポリ」の仰天予想!

    大谷翔平104年ぶり偉業の“お値段” 「来季年俸47億円+出来高ガッポリ」の仰天予想!

  2. 7
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  3. 8
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  4. 9
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  5. 10
    ひろゆき氏の妻がガーシーから“宣戦布告”されるも…ちゃっかり自著宣伝のたくましさ

    ひろゆき氏の妻がガーシーから“宣戦布告”されるも…ちゃっかり自著宣伝のたくましさ