「エマニエル夫人」が帰ってくる! 仏俳優レア・セドゥ主演でリメーク決定の本気度

公開日: 更新日:

〈この人がエマニエル夫人!? 超楽しみ!〉

〈私の世代はエマニエル夫人と言えはシルビア・クリステルしか認めません〉

〈小学生の頃、夜中のテレビで見て衝撃を受けました〉

〈籐の椅子には座ってくれるの?〉

「エマニエル夫人」リメークの一報に、SNSやコメント欄でオジサンたちが一斉に反応している。

「007」シリーズなどで知られる仏俳優のレア・セドゥ(36)が、作家エマニエル・アルサンの官能文学「エマニエル夫人」の新作映画「Emmanuelle(原題)」で主演を務めると報じられた件。

 監督は昨年のベネチア国際映画祭で金獅子賞を獲得したオドレイ・ディワン(42)。女性の“性の解放”がテーマになっている映画を気鋭の女性監督がどう描くかにも注目が集まっている。

シルビア・クリステル主演で3部作が大ヒット

「エマニエル夫人」といえば、1974年にシルビア・クリステル主演で映画化された「エマニエル夫人」があまりにも有名。外交官である夫の赴任地のバンコクで、退屈な生活に飽きた若妻クリステルが官能の世界に目覚めていくというストーリーだが、話の筋を記憶している人はむしろまれなはず。

 “ソフトポルノ”とうたわれていたものの、飛行機、砂浜、街角とあらゆる場所でコトに及び、オナニー、レズ、青姦とAV顔負けの官能シーンがてんこ盛りで、「エマニエル夫人」(74年)、「続エマニエル夫人」(75年)、「さよならエマニエル夫人」(77年)と続く“エマニエル3部作”は大ヒットシリーズとなった。

 同時に70年代後半から80年代にかけて、コンプライアンスのユルかった当時のテレビで、ゴールデンタイムや深夜帯に何度となく放送され、親に隠れてコッソリ見ていた当時の青少年の股間を直撃した。

 AVがまだ十分に普及していない時代。お笑い芸人の玉袋筋太郎(54)も、「クリステルなら滝川よりもシルヴィアを断然支持!!」(映画批評・情報サイト「BANGER!!!」)と熱く語っているように、現在、50代前後の中高年にとっては、その印象的なテーマソングとともに、海綿体の記憶に残る衝撃作だった。一貫して“親父の娯楽”としての視点から批評を続けてきたベテラン映画評論家の秋本鉄次氏はこう話す。

「半世紀近くを経て、まさに“エロスの代名詞”である作品が復活するのは喜ばしいことです。当時はキャバレーやソープランドでも『エマニエル』の名前をもじった店がありましたね(笑)。シルビア・クリステルも、その後量産されたB級エマニエル作品に出ていた女優たちもみんな無名でしたが、今回、ボンドガールを起用するあたり、本気度を感じます。レア・セドゥは、13年に『アデル、ブルーは熱い色』でレズビアンを熱演し、カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールも受賞しています。新たな“エマニエル伝説”の始まりとなるかも知れませんよ」

 ときめきを忘れた中高年には福音である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記