児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国コラムニスト

韓流エンタメ誌、ガイドブック等の企画、取材、執筆を行う韓国ウオッチャー。新聞や雑誌、Webサイトで韓国映画を紹介するほか、日韓関係についてのコラムを寄稿。

今なお映画化される韓国の「3大未解決事件」と世界最高レベルの科学捜査技術

公開日: 更新日:

 韓国には誰もが知る「3大未解決事件」がある。どれも映画化され、日本でも公開された。

 1991年にソウルで起きた「イ・ヒョンホ君誘拐殺人事件」は、小学3年生の男の子が身代金目的で誘拐されて殺害されたもの。2006年に時効を迎えているが、事件をモチーフにした映画「あいつの声」が韓国で公開され、実際の犯人のモンタージュが映し出された。脅迫電話の音声も流れたが、事件は未解決のままだ。

 同じ1991年には韓国の大邱(テグ)で「カエル少年失踪事件」も起きている。9~13歳の少年5人が「カエルを捕りに行く」と出かけたまま行方不明に。警察や軍を延べ50万人も動員して捜索したが見つからなかった。ところが11年後の2002年に子どもたちの白骨遺体が発見される。他殺と判明し韓国社会を震撼(しんかん)させたが、死因も究明できずに時効を迎えている。事件の詳細は映画「カエル少年失踪殺人事件」(原題「子どもたち」)で描かれた。

 1986年から91年にかけて起きた「華城(ファソン)連続殺人事件」は、華城郡で女性10人が殺害された韓国初の連続強姦殺人事件。猟奇的な犯行で世間に恐怖を与え、容疑者は実に3000人にも上った。映画「パラサイト」のポン・ジュノ監督が2003年に「殺人の追憶」というタイトルで映画化し、その3年後に時効を迎えたが、結末は先の2つの事件と異なっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 4
    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

  5. 5
    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

  1. 6
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  2. 7
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  3. 8
    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟

    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟