三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

「また」たばこが値上がり そろそろ我々喫煙者の権利を主張するときでは…

公開日: 更新日:

 10月になりました。そして今日からまたたばこが値上がりしました。「また」というより我々喫煙者にとっては「またまたまた」ぐらいの感覚の値上げです。私の吸ってる無添加たばこ通称アメスピ、アメリカンスピリットはとうとう600円の大台に乗りました。30年前の吸い始めた頃の値段から3倍ですよ。他の物価も全部3倍ならまだ納得しますけど牛丼もハンバーガーもほぼお値段据え置きですからね。

 まぁたばこは値上げといっても常に増税からの値上げです。1本あたりに税金がかかるのでJTには新しく1本が今の2本分で両端がフィルターになってて買ってから真ん中をハサミで切って2本分として吸えるたばこを発売して欲しいなぁと願ってます。ビールの発泡酒的発想ですね。

 ネット上では「ヤニカス」とまで罵られてる我々喫煙者ですが、たばこ税の税収は約2兆円にのぼるとのこと。国家予算に対して結構な貢献度ですよね。その昔旧国鉄の赤字をたばこ税で損失補填してあげたのに恩をアダで返すかのように新幹線内に喫煙場所をつくらないJR東日本にも寛容な気持ちで接してる心優しき喫煙者。コロナにかこつけて喫煙所を閉鎖されても文句を言わない喫煙者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!