吉田隆
著者のコラム一覧
吉田隆記者、ジャーナリスト

1984年に写真週刊誌「FRIDAY」の創刊準備メンバーとして専属記者契約を結ぶ。87年の大韓航空機爆破事件では、犯人の金賢姫たちが隠れていたブダペストのアジトを特定、世界的に話題となる。初代「張り込み班チーフ」として、みのもんたや落合博満の不倫現場、市川染五郎(現・松本幸四郎)や石原慎太郎の隠し子、小渕恵三首相のドコモ株疑惑などジャンルを問わずスクープ記者として活躍。

<38>ドン・ファン愛人の菜々ちゃんが「1日3回」の技を説明し始めた

公開日: 更新日:

「社長、おめでとう。やっと結婚できたんやね。良かった、良かった」

 野崎幸助さんと菜々ちゃんがリビングのソファに並んで座り、それをテレビカメラが狙った。ドン・ファンの膝の上には愛犬イブがおとなしく座っていた。

「私が何度も『結婚しようか?』って水を向けたのに、笑っているだけなんですよ」

 菜々ちゃんがほほ笑む。彼女がドン・ファンに「結婚しようか」と言ったことは知っていたが、本気とも思えなかった。

「おまえ、彼氏とうまくやってんのんか?」

 ドン・ファンが菜々ちゃんに毎朝のように電話をかけていたのも知っているが、彼女は決して自分のことを話そうとしなかった。これは歴代の愛人も同じで、自らのことを積極的に言わないし、本気になって話すこともない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    3年間まぶたが閉じません! 79歳男性が美容整形失敗、寝る時は目をテープで…

    3年間まぶたが閉じません! 79歳男性が美容整形失敗、寝る時は目をテープで…

  3. 3
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  4. 4
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  5. 5
    馬淵優佳が“ゲス不倫夫”瀬戸大也を見限る日 「離婚秒読み」3つの理由を池内ひろ美氏が解説

    馬淵優佳が“ゲス不倫夫”瀬戸大也を見限る日 「離婚秒読み」3つの理由を池内ひろ美氏が解説

もっと見る

  1. 6
    深津絵里にバトンタッチも好調だが…「カムカムエヴリバディ」視聴率10%台の“宿命”

    深津絵里にバトンタッチも好調だが…「カムカムエヴリバディ」視聴率10%台の“宿命”

  2. 7
    吉村知事はデルタ株の教訓生かさず…大阪府がコロナ新規感染全国ワーストになった理由

    吉村知事はデルタ株の教訓生かさず…大阪府がコロナ新規感染全国ワーストになった理由

  3. 8
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 9
    黒木華「ゴシップ」で編集長好演も…マスコミがムロツヨシとの結婚スクープ狙い虎視眈々

    黒木華「ゴシップ」で編集長好演も…マスコミがムロツヨシとの結婚スクープ狙い虎視眈々

  5. 10
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」