美人レイヤーえなこが牽引…グラビア界にコスプレブーム!

公開日: 更新日:

 グラビア業界では、コスプレーヤーの存在感が増している。

「4~5年ほど前から『コミケ』や『ニコニコ超会議』などのリアルイベントで人気のコスプレーヤーが出てきました。彼女たちは個人で活動していましたが、コスプレーヤーはアイドルやグラドルに比べ、コスプレを落とすとビジュアル的に顔はキツいと言われていました」(グラビア雑誌関係者)

 背景には、版権などの関係で、彼女たちが得意とする人気アニメのコスプレをグラビアで掲載できないということもあったようだ。

「それがえなこを筆頭に、桃月なしこ、伊織もえ、火将ロシエルといった、アイドルにまったく引けを取らない美人の人気コスプレーヤーが続々と登場し、さらに芸能事務所に所属するようになってきたんです。今ではコスプレーヤーは、青年マンガ誌でも人気ジャンルとなりました」(前出のグラビア雑誌関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  3. 3

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  4. 4

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  7. 7

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  8. 8

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

もっと見る