二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

田宮二郎さんも…芸能人の自殺はいつも突然で真相は闇の中

公開日: 更新日:

 念のため夜、同僚にスナックをのぞいてもらうと、いつものように元気に店をやっていた。

「自殺する人は宣告してこない」ということを学んだ。過去の芸能人の自殺をひもといても、大半の人が突然だ。「昨日まで元気に仕事していたのに」と周囲は茫然自失となる。

 この世界に入って最初に自殺の取材に関わったのは1978年の俳優・田宮二郎さん(享年43)だった。大掃除さなかの12月28日。午後に一報が入りメディアは麻布にあった田宮邸に駆けつけた。クレー射撃用散弾銃で自ら命を絶った。家族宛ての遺書から自殺と断定されたが、大スターの自殺に連日のように報道が続いた。

 昔からテレビ、新聞が報じないものを報じるのが週刊誌。今では非難されるような取材も当たり前にしていた時代で、「ダメもとで取材」というのが週刊誌の世界の風潮だった。当時、「愛人」の噂もあった女優・山本陽子の直撃を指示された。東京郊外にあった山本の自宅で帰りを待った。夜9時を回っていたと思う。スポーツカーを運転して帰ってきた山本を直撃。「田宮さんが自殺~」の問いかけを最後まで聞くこともなく、山本は足早に部屋に入っていった。その後、田宮さん自殺の真相は多岐にわたり諸説出てきたが、真相は闇の中のまま、やがて終息していった。(つづく)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 2
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 3
    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  1. 6
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

  4. 9
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  5. 10
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も