二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

田宮二郎さんも…芸能人の自殺はいつも突然で真相は闇の中

公開日: 更新日:

 俳優の三浦春馬さん(享年30)が自殺という衝撃的なニュースが飛び込んできた。自らの意思で命を絶つ。メディアは「なぜ、自殺に至ったのか?」と真相に迫る取材をするが、「仕事に悩んでいた」といった話はあっても、なかなか真実にたどり着けないのが自殺取材の難しさである。共通点があるとすれば、ほとんどの人が前触れもなく、突然であること。

 昔、新宿でスナックのママをしていた元歌手の女性と現役歌手の不倫を取材したことがあった。ママにも取材したが、記事になると突然、抗議の電話が来た(取材には応じたが、記事になると、「こんなはずではなかった」と抗議してくる人は少なくない。ある意味、活字の怖さと思う)。

 抗議の最後に「自殺してやる」と言って電話を切られた。初めて受けた自殺宣告に「本当にされたら……」とかなり慌てた。

 デスクに相談すると、「大丈夫。本当に自殺する人はいちいち連絡してこない。単なる脅しだと思う」と言われた。

 それでも念のために自宅マンションを見にいった。オートロック時代の今なら簡単に確認できなかっただろうが、当時のマンションは部屋の玄関まで簡単に行けた。電気メーターを見ると、かなり早く回っている。中に人がいると思われた。最初にドア下の隙間からガス漏れの臭いを調べた。ない。続いてドアの隙間から耳を澄ますと、電話で話す彼女の大きな声が聞こえてきた。時には笑い声まで聞こえてくる。デスクの言う通り、これから自殺する人とは思えなかった。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる