渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

公開日: 更新日:

「彼のゲスぶりにはとくに驚かなかったですね」と語るのは、かつてアンジャッシュ渡部建(47)と交際し、何度も肌を重ねた30代の女優Aさんだ。きゃしゃで瞳が大きく、容姿は妻の佐々木希(32)と重なるところも多い。そんな彼女が日刊ゲンダイに匿名を条件に渡部との情事の記憶を明かしてくれた。

  ◇  ◇  ◇

「出会ったのは5、6年前。芸人さんとの飲み会でした。連絡先を交換し、改めてデートに行きました」というAさん。「彼は顔もスタイルもいいし、他の芸人さんと比べて落ち着いてるからモテるだろうなとは思いました」と語るが、デートでは“世界のワタベ”全開だったとか。

「確か恵比寿にある彼の知り合いの店に連れていかれて、おいしかったのかどうかは覚えてないんですが、ものすごい“亭主関白”だったのは強烈に覚えています。どこそこのアレをすぐに食べられるのは俺だけだとか、出てきた水が○○の水だとか、自慢とウンチクがウザかった(笑い)。それから箸の使い方とか、ホテルでも靴の並べ方とか服の畳み方とか注意されて小姑みたいでした」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差