「悪者は宮迫」認定で…吉本が図る“闇営業”騒動の幕引き

公開日: 更新日:

 闇営業問題で謹慎中の雨上がり決死隊宮迫博之(49)が4日、神奈川県茅ケ崎市で行われたイベントで、特殊詐欺の被害防止のための啓発チラシを配るボランティアに参加したと報じられた。

 イベントは「第8回Hawai’i湘南フラフェスティバル2019」というもので、宮迫はアロハシャツ姿で来場者約500人にチラシを配った。イベントの主催者には、共通の知人を通じて10日ほど前に本人から参加の申し出があったという。サンスポによれば宮迫は来場者からの写真撮影にも応じ、「また泣いちゃいそう」と話していたという。先月20日の謝罪会見以降、初のボランティア活動となるが、吉本興業は関知していない。ワイドショー芸能デスクはこう解説する。

立川志らくが『ひるおび!』で“パフォーマンスと受け取られてしまうこともある”と言っていましたが、そういう側面は確かにある。ただ、みそぎとしてボランティアに参加することは決して非難されることではないでしょう。宮迫は先月30日に吉本サイドと話し合ったそうですが話し合いは平行線。吉本に戻る気はないようですから、次のステップを見据えた活動だと思います」

 吉本サイドは宮迫に対し、岡本昭彦社長の会見で“契約解除を撤回”としたが、「フライデー」で反社勢力との“ギャラ飲み”が報じられると“契約解消の撤回については再度検討”と対応を二転三転させている。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走