渡部建の地上波“完全復活”はまだ先か…今後「絶対にやってはいけないこと」を識者が指摘

公開日: 更新日:

 お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(51)が6月21日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演した。

 渡部といえば、2020年6月11日発売の「週刊文春」に多目的トイレ不倫を報道され、1年7カ月にわたって芸能活動を自粛。22年2月に「白黒アンジャッシュ」(チバテレ)にて関東ローカルで地上波テレビへの復帰を果たし、23年12月には「全力! 脱力タイムス」(フジテレビ系)で覆面姿ながら全国放送にカムバックしていたが、これらはいずれも収録番組であり、渡部が地上波テレビの生放送番組に出演するのは騒動以降、初めてだ。

 今後順調にいけば、次は恐らく地上波テレビの全国生放送が、本人にとって新たな節目となるだろう。恐らくその後は、ローカルや全国放送における司会業を務めることで、ようやく“完全復活”になるはずだ。

 騒動勃発直前まで、渡部は関東などで生放送されている情報番組「王様のブランチ」(TBS系=毎週土曜日)で司会を務めていたほか、全国放送かつ生番組としては「FNS歌謡祭」(2018年まで)や「FNSうたの夏祭り」(2019年まで)でも司会を務めていた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方