著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年生まれのテレビっ子ライター。「芸能界」というビジネスは、いかにして始まったのか。貴重な証言を収録した「芸能界誕生」(新潮新書)。伝説の番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」を基に描く青春群像ノンフィクションノベル「史上最大の木曜日 クイズっ子たちの青春記」(双葉社)。2つの最新著が絶賛発売中!

魅力を広げる杏のオープンなノリと好奇心に基づく行動力

公開日: 更新日:

「まだノリで生きてますね」
 (杏/フジテレビ系「だれかtoなかい」6月9日放送)

  ◇  ◇  ◇

 2022年8月、突如3人の子供たちとともにパリで居を構え、日本とフランスとの2拠点生活を始めた俳優の杏(38)。パリは18~19歳の頃から、モデルの仕事やそのオーディションで何度も往復し、地理も知っていたし、知人もいたことから決めたという。だが、フランス語は相手が言っている内容がなんとなくわかる程度で、ちゃんとしゃべれるわけではない。そんな状況にもかかわらず、新生活を始めた自分を評して語った言葉を今週は取り上げたい。

 番組では、会いたい人物としてロバートの秋山竜次を指名。日本についての情報源はネットラジオとユーチューブで、中でも「エンターテインメント成分」の大半は秋山から得ており、大好きなのだという。

 ただ、俳優が番組で芸人好きを公言しても、実際には何度か見て面白いと思った程度だったりすることが少なくない。しかし、杏は彼のひとつひとつの話題に対し、マニアックな情報を補足したり、コアなファンしか聴かないようなラジオを聴いていたりする。秋山言うところの「HAF」=ハードアキヤマファンなのだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方