追悼・桂ざこば師匠 本紙連載「ほんならな‼」で痛快なキレたエピソードを披露

公開日: 更新日:

 入れてもらったお茶を巡って、嫁さんと言い争いになった桂ざこば師匠がこうキレられる。

「ほんなら、自分で入れなはれ」

 先週12日、ざこば師匠が亡くなった。師匠に2015年7月から1年間(52回)にわたって連載していただいたが、そのタイトルは師匠がいかにも言いそうなフレーズ「ほんならな!!」だった。

 連載の最後も「ほんならな!!」で締めくくってくれた。

「ほんならな」はだからさあとか、それじゃあという意味だろうか。師匠は元祖キレ芸というか、怒るイメージがあるが、ズバズバものを言ってるだけで腹に一物がまったくない人だった。

 連載では師匠らしい言い回し、キレたエピソードも多かった。

 酒かと思って飲んでいたのが実は焼酎の瓶に入れておいた水。それをロックで飲んでいたら嫁さんに指摘され、気がついた師匠、「言い訳するのもケッタクソ悪い。大きな声で『水!』と言い返した」。

 愛煙家の師匠、「この際ハッキリと、愛煙家の立場から文句を言わせてもらいます」。たばこの税収が2兆3838億円もあることを指摘、禁煙の風潮が蔓延していることに対して、「そんな貴重(?)な“納税者”を、アンタらは一体どう思うてまんねん!?」と怒りを爆発させた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方