粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

公開日: 更新日:

 元放送作家の鈴木おさむ氏(52)が15日、カジサック(キングコングの梶原雄太=43)のYouTubeチャンネルに出演。『【思わず涙が…】鈴木おさむさんが語る"SMAP愛"に…感動したカジサックが…』と題した動画で、元SMAPで俳優のキムタクこと木村拓哉(51)の話題に……。

 鈴木氏は放送作家としてフジテレビ系バラエティー番組『SMAP×SMAP(スマスマ)』に携わっていたが、メンバーがチーム戦でゲストに料理を振る舞って勝者を決める人気企画「ビストロSMAP」を例に出し、「(木村は)何より本気ですよ全部。だってビストロスマップでさ、ゲスト来て負けるじゃん。怒るんだから」「なおさら自分と関係のあるゲストや女優さんとか来てて自分たちが負けるとものすごく空気が悪くなる」などと語った。

 鈴木氏はキムタクの言動は「マジだから面白い」とし、梶原も「プロフェッショナルですね」などと"フォロー"していたが、スマスマをリアルタイムで見ていた視聴者たちは感じ取ったものがあったようで、《公開悪口 事務所が弱くなるとこれだよ》《帽子のキスマークのシールがキムタクだけダントツ多いのも違和感だったなあ》などと賛否両論。この企画は女性がゲストの時は勝者へのご褒美に「キス」が定番だったが、キムタクの勝率の高さに疑問を感じた視聴者からの声もあがった。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方