著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

広末涼子は窮地なのか? 独立から音信不通が続く不穏…水面下で映画撮影が進行中か

公開日: 更新日:

 広末涼子(43)が今年2月に長く所属していた芸能事務所「フラーム」から独立、個人事務所「R.H」を設立した。インスタグラムと同時に公式Webサイトも開設し、「今後も引き続き俳優業に邁進する」というメッセージを発表して順風満帆の船出に見えた。

 ところがその後、ドラマ映画の話はなく、4月にファッションイベントに呼ばれた程度。インスタの更新もまれで、Webで募集している「出演依頼」のページが物悲しく見える。週刊誌には「俳優業を再開する目途が立たず、活動継続に赤信号」だと報じられた。

 そもそも、昨年6月に有名シェフ鳥羽周作氏とのダブル不倫で双方が離婚するという大きなスキャンダルがあった。

 その際、フラームはCM打ち切りなどを受けて広末を無期限謹慎処分としていた。広末とフラームの社長は長く仕事を続けてきただけに、信頼関係があると思っていたが、広末としては「いつ復帰できるの?」という不満もあったようで、今回の独立となったという。

 独立して4カ月、仕事の話が出てこないのは厳しい。知り合いの映画プロデューサーに話を聞いてみた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方